副交感神経が昼間も強く働いて起こる自律神経失調症

出典自律神経/交感神経/副交感神経/コリン作動性クリーゼ

副交感神経が夜だけでなく昼間も強く働いていると、
朝になっても血圧が上がらず朝起きれないとか
立ちくらみやめまいがするといったことが起こりますし、
体が活動状態にならないので、体がだるいとかやる気がでないといった、
いわゆる、元気が出ない状態に陥ります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

自律神経失調症の治し方!症状を理解して、克服しましょう。

ストレスの多い現代社会において、自律神経失調症になってしまうことがあります。ちゃんと、対策をしないと、症状が進行してしまうことがあります。対処法をちゃんと知っておきましょう。

このまとめを見る