ドイツ、フランス、ブラジル、スペインなど世界各国の首脳が米国に猛抗議するなか、日本は菅官房長官が「米国政府に事実確認はしない」「全く問題ない」と静観する構えをみせている。

出典「秘密保護法は米国の要請」主権を明け渡す安倍政権の暴走 ~岩上安身による孫崎享氏インタビュー|しらくもの健康を取り戻そう

スノーデン元CIA職員が提供した機密文書から、NSA(米国家安全保障局)が、日本を含め外国の首脳の電話を盗聴したことが判明し、世界中に波紋を呼んでいる件について。各国が猛抗議する中、日本は「問題ない」と何の抗議もしない。「スパイから国家機密を守りたい」とは到底思えない行動。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サクっと解説・特定秘密保護法案とは

法案ができた経緯、目的、罰則対象、隠された狙い、特定秘密保護法必要論への反論、同じような法律を導入している米国の状況は。

このまとめを見る