1. まとめトップ
9 お気に入り 24312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

edufolderさん

Edmodo(エドモド)とは

先生と生徒が登録した上で学習活動の道具として利用できる教育向けSNS。
Facebookの使い勝手に近いが,次のような特徴があって,授業や学習活動に取り入れやすい。

  1) 閉鎖的なコミュニケーションシステム
  2) 生徒から先生以外の個人宛てには投稿できない(グループへの投稿は可)
  3) グループの平場でのやり取りが基本
  4) グループにはスモールグループ(班)を複数つくることができる
  5) 生徒登録にメールアドレスは必要ない
  6) ファイル,リンク,ライブラリ/バックパック(情報保管場所)を添付投稿できる
  7) 「課題」「アンケート」「クイズ(小テスト)」「アラート(緊急連絡)」機能がある
  8) iOSとAndroidアプリが用意されている
  9) 「アラート(緊急連絡)」はアプリに対してプッシュ通知できる
 10) 様々なコンテンツがEdmodo対応している(英語のみ)

 一般のSNSとは違い、1)と2)のおかげで見知らぬ他者との不必要な接触は避けられる上、生徒間でもプライベートなやり取りはEdmodo上で発生しない。3)と4)によって小さな単位のコミュニケーションを先生込みでサポートできる。

 学校や授業などへの導入においても、グループコードと5)のおかげで敷居が低い(当然インターネット接続環境は必要)。6)と7)など一般的なSNSと同等な情報交換はもとより,授業で役立つツールも用意されている。8)は高校生や大学生のスマートフォン所持率の高さを考えると有用で、9)のような通知機能のおかげでメールアドレス登録無くともアプリで緊急連絡が可能になる。

 英語圏であれば,10)のようにコンテンツやツールがEdmodo対応を始めており,コミュニケーション機能と合わせて使うことができる。

 現在,日本語表示化されていないが、アップロードするファイル名に日本語文字が使えない以外は,書き込みなどで普通に日本語が使える。

Edmodo 入口

Twitter・Facebook

アプリ・ウィジェット

日本語ユーザーグループ

グループコードは「2gm28d」

紹介記事

教育分野でのIT(情報技術)で目立つのは非営利組織カーン・アカデミーだ。マイクロソフトの共同創業者夫妻が運営するビル&メリンダ・ゲイツ財団やグーグルなどが支援する同アカデミーは、日本の小学校から高校に相当する学年の数学や理科、歴史などの授業を1回約10分のビデオにまとめてオンライン配信。3600種類以上をそろえ、米国の公立学校で授業への活用が広がってきた。

 そうした教育コンテンツを配信するためのインフラとして、学校での利用に特化したSNS「Edmodo(エドモド)」が急速に普及している。

 教師と生徒、保護者が「教室」という物理的限界を超えて様々な情報や資料を共有し、双方向でやりとりできるように作られているのが特徴。すでに1400万人が参加しているという。

20130117

ブログ

1 2 3