1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

「とんでもございません」はダメ!間違いやすいビジネス敬語10選

間違った敬語を使っていると 相手が不快に感じるばかりか、ビジネスも成功しなくなります。恥をかくことのないように注意が必要な、間違いやすいビジネス敬語をまとめました。

更新日: 2019年01月14日

1985 お気に入り 905717 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilabjpnさん

間違った敬語を使っていると 相手が不快に感じるばかりか、ビジネスも成功しなくなります。恥をかくことのないように注意が必要な、間違いやすいビジネス敬語をまとめました。

× とんでもございません

○ とんでもないことでございます

「とんでもない」が1つの言葉なので、「ない」を「ございません」には置き換えられない。「とんでもないことです」でもマル

× ~様でございますね

○ ~様でいらっしゃいますね

「ございます」は「ある」の丁寧語であり、尊敬語ではありません。また、通常は、「あちらに公園がございます」など物事に対して使う言葉です。

× すみません

○ 申し訳ありません/恐れ入りますが

お詫びなら「申し訳ありません」、相手に頼みごとをするなら「恐れ入りますが」。「すみません」では気持ちは伝わらない

× ご苦労さまです

○ お疲れさまです

× よろしかったでしょうか

○ よろしいでしょうか

“バイト敬語”の「よろしかったでしょうか」は、自分の考えを相手に押し付けているようでもあり、不快感を与えかねない

× ~になります

○ ~でございます

「~になる」という表現は、「~に成る」という場合以外には使わないようにしましょう

× お休みを頂いております

○ 休みをとっております

自社に対してへりくだる形になっています。休みを与えているのは自社ですね。社外の方へ休みを伝える時には、自社に対して敬語を使うべきではありません

× ご利用できません

○ ご利用になれません

「利用」はお客様の行為だから、「できる」「できない」は失礼。「ご利用になれます」「ご利用になれませんが……」が正しい

1 2