1. まとめトップ

借金の返済額が減らせる債務整理とは

借金にお困りなお方にぜひオススメなのが債務整理です。2013年4月11日「任意整理」内容更新済み・・・次回「自己破産」追加予定

更新日: 2013年09月08日

9 お気に入り 4599 view
お気に入り追加

債務整理とは

返せるあてもなく、
ただ利子がどんどん増えている状況、
請求書どころか取り立ての恐怖にすら
怯えている方のための手段が債務整理なのです。

誰でも可能なのか?

複数の金融機関から多額のお金を借りている個人を、
専門的に多重債務者と呼びます。
債務整理は誰でも使える方法ではなく、
この多重債務者限定で使用できる問題解決方法になります。

どのくらいまで減額できるのか?

債務整理を行なうことで膨大な借金の額が減り、
返済のめどがつくようになります。
場合によっては減額どころではなく
借金がチャラになることも!

債務整理の種類は1つだけなの?

債務整理には任意整理・特定調停・自己破産・
個人(民事)再生の4つの種類があり、
多重債務者の条件によって選択が異なります。

任意整理とは

任意整理を簡単に言うと、元金だけを返済し、
過払い金を取り戻す和解契約です。

過払い金とは

金融機関はグレーゾーンと呼ばれる
利息制限法に違反した高額な利息を
債務者に請求していますが、
債務者が支払いすぎた利息を過払いと言います。

返済後、数年経過しているが過払い請求できるのか?

任意整理では既に返済の済んだ
お金に関しても過払いの有無をチェックし、
過払い金があった場合はその額を
借金の残高と相殺し、借金の額を減らします。

任意整理のメリット・デメリットはなにか?

任意整理後はほとんどの場合
利息がなくなるのもメリットと言えるでしょう。
デメリットとしては、任意整理を行なった場合、
借金の事実、債務整理の事実が信用情報機関に
登録されてしまうことで、
最低数年間は金融機関での取引が
スムーズにいかなくなるでしょう。

デメリットは例で上げるとどのようなものがありますか?

例えば新しいカードを作ったり、
ローンを組むのが難しくなるような事態です。
また、元金だけに借金を圧縮したとしても、
数年の間に返済の見込みがないような方の場合、
任意整理をすることはできません。
任意整理はあくまで
返済能力がある方のための債務整理です。

1





様々なまとめを作成しています
アニメ関連
よい情報だった、面白いって思っていただければ
お気に入りをポチッ!よろしくお願いいたします!