1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ファミコン世代が感動する懐かしのゲーム50選

1970年代生まれの人なら子供の頃にファミコンで遊んだはず。そんなファミコン世代が涙を流して感動するであろうファミコンゲームを50個厳選しました。かなり渋いセレクトになっているかもしれません。

更新日: 2015年06月12日

iinoeijiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
499 お気に入り 371209 view
お気に入り追加

昔、大好きだった「ファミコンロッキー」ってマンガでチャレンジャーを取り扱っていた。
むちゃくちゃな裏技でチャレンジャーをクリアーしてました。

むちゃくちゃな裏技が魅力のファミコンロッキー
子供たちのヒーローでした

当時、私はファミコンロッキーの裏技を本気で信じていました。

Xはアルファベットの24番目。
スパルタンXの本当のクリアーは24周目だ。
となり、24周してラスボス「ミスターX」を倒したら、「シルビア」救出になるはずが、実は「シルビア」が本当のラスボス。
というむちゃくちゃな話。

誰もが知っている名作ゲーム。最近のゲームにはない単純さがいい。
軽快なテンポの音楽は耳からはなれません。
初めて評価されたゲームミュージックなのだと思います。

ゲーム内で使われている音楽は大野木宣幸によるもので、すぎやまこういちは「コンピュータゲームの音楽で初めて『ちゃんとした音楽がついている』と思ったのが、アーケード版のマッピーである」と語っている。

ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売された超名作ゲーム。
色々なハードに移植され続けているモンスターゲームです

スーパーマリオブラザーズは、日本国内で681万本以上、全世界では4,024万本以上を売り上げ、「世界一売れたゲーム」としてギネスブックに登録されている。

ドラゴンボール系のゲームの中で、コレが1番好きです。(思い出を美化してるのかな〜)
しかしこのゲーム、超難しい・・・。クリアーした人いるのでしょうか?

ミート君から「命の玉」を取った方が勝ちという、ゲームバランスの悪さ。
それでも、このゲームは面白かった。

ゲームの目的をよく理解しないでプレイしてました。
後になってシナリオがあることを知った。

プレイヤーはスパイに扮し、敵地に潜入して機密文書を奪取し、脱出することが目的である。

このゲームの画期的なところは、自分でコースを作れるところ。
作ったコースは「ファミリーベーシック」で保存できたそうです。
操作性もよく、今でも色あせない名作。
Wiiで現代版「エキサイトバイク」が発売されているようです。

タイトル画面の連打測定が懐かしい。
ちなみに私は140出したことがあります。
ボーナスステージの楽器箱を取るたびに7人いる楽器隊による楽器が1つずつ増えるという面白い仕掛けが楽しいです。

ボンバーキングの音楽には、ゲームには珍しく歌詞があるのです。

ほとんど知っている人がいないかも知れない「銀河の三人」。
あまり覚えていないが、エンディングで感動した記憶がある。
隠れた名作だと思います。

1 2 3





自分用のまとめを登録していくよ!

あまりつぶやいていないけどtwitterもやっています
@IINOEIJI