1. まとめトップ

「稼ぐには長財布」「金持ちは二つ折り財布を使わない」はデマでした

成功者は長財布を使ってる、なんてまことしやかに言われていますが、長財布はポケットに入らないし不便ですよね。調べてみたら、ほとんどのお金持ちは二つ折りの財布を使ってます(笑)。

更新日: 2014年10月13日

63 お気に入り 611489 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oguyanさん

成功者、お金持ちも多くは二つ折り財布

サラリーマン社長さんは、東証一部や有名企業の社長さんでも「黒か茶色の二つ折り財布」率が高い。

外資系の外国人駐在員は「茶色の二つ折り財布」率が高い。長財布の話をしたら「邪魔じゃないの」と合理的な回答をしてくれた方もいました。

財布の値段が年収の200倍とか真っ赤な嘘っぱちだ。税理士が書いた本らしいが、一体どれだけ資産家の財布を見て来たんだよと。私のほうがずっと見守ってきたから言うが、一番多いのは5~7万円の二つ折り財布だ。

僕の知り合いのお金持ちも
ずっと同じボロボロの折りたたみ財布を
使ってますし、
中には小学生かい!
と、突っ込みたくなるような
マジックテープの財布を使っている人もいます。

よく、「お金持ちは、高級ブランドの長財布を使う」と言われているが、日系、外資系航空会社のCA(キャビンアテンダント)として、ファーストクラスで数多くのVIP客へのサービスを担当してきた美月あきこ氏はこれには疑問を感じるという。

 「ファーストクラスの常連であるビジネスエリートの方々が多く使っていたのは、二つ折りのシンプルな財布です。特定のブランドにこだわっている様子はなく、使いやすさ、スーツの内ポケットにスマートに入る大きさを重視しているようでした。もちろん、財布がお札やカード類でパンパンになっていることはありませんでした」

そもそも

本当の金持ちは現金をあまり持ち歩かない。

年収が高い人はお金に余裕があるため、高い財布を買うのが現実だと思います。因果関係は逆であり、「年収が高い→したがって、高い財布を買う」です。

例えば、財布以外にも、車や家や時計など、年収と比例関係にある物は他にもあります。

この本の論理がまかり通るならば、「年収1000万を目指すなら、300万以上の車を買え」とか、「年収1000万を目指すなら5000万以上の家を買え」とも言えてしまいます。

以前、堀江貴史氏が「お財布にお札の向きを揃えて入れるとかは、迷信ですね。あるいはオカルト、そうでなきゃお財布プレーかな。」とコメントしていましたが、その通りだと思います。

私自身、色々なセミナーのプロデュースをしてきたこともあり、
世界各国の億万長者の男性の財布を、見る機会が何度もありました。


その結果として、長財布を使っている海外の億万長者の男性は
「1人も」いませんでした。


そう、「1人も」いなかったのです。

金持ちは長財布なんてデマが広まったから増えただけ。

たしかに札束を入れようとしたら長財布になるけど、そんなに現金を持ち歩く商売は特殊。カードでいいだろ。

Twitterで拾った「素朴な疑問」

長財布ほしい。いくつか候補はあって、ネットで調べたり店頭で触ってみたりしてるんだけど、一長一短のような気がして絞り切れない。そもそも貧乏で収納するお札もないのに長財布とか必要なのかという根本的な疑問も。

長財布にしたヤツの何割が金持ちになったのだろう・・。

そういえば、定期的に財布に大金を入れて財布を喜ばせると金持ちになれるとか、よくわからない本を読んだことがある。

ジェットダイスケさんだって金持ちだけどコンパクトなサイフが好きっていってたよな

昔コンドーム財布にいれてたら金持ちになれるとかっつっていれてたいれてた

「長い財布を使うと金持ちになれる」みたいなトンデモ本が出る予感ww  皇居ランナーの大半は、年収700万円超? (東洋経済オンライン) - Y!ニュース zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=2013…

よろしければ、こちらもどうぞ

1 2