過去にそういうアウトローの苦悩を描いた作品・アーティストは沢山いるけれど、遊川和彦さんが一歩抜きんでいると私が感じている点は、遊川さんの場合、必ずその中から這い上がるための道筋を示して、どんなどん底でも僅かな光を照らして関わる全ての人たちを救い出そうと模索し続けていることだ。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ドラマ】この脚本家のドラマが面白い!【脚本家】

ドラマを見るとき、出演者は確認するけど脚本家を確認しない人は結構いるのではないでしょうか。ドラマを楽しく見続けられるかどうかは、出演者だけでなく脚本家にもかかっています。そこで、独断と偏見による面白い脚本家を紹介いたします。

このまとめを見る