1. まとめトップ

子供と一緒にやってみる!!!ハイクオリティ・ピカピカ泥団子の作り方【光る泥団子】

小さい頃、泥団子作りましたよね。また作ってみませんか?

更新日: 2013年06月13日

811 お気に入り 692440 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kesukesuさん

これが普通の泥団子です。

こっちがハイクオリティ・ピカピカ泥団子です。

光る泥団子と呼ばれているようです。

作り方

用意するもの
・2,3日前からのよい天気と良く乾いた土、少量の水
・乾いたぞうきんなど柔らかい物
・ビニール袋(料理用の透明な安物)
・磨く布(ジャージとかストッキング)

写真のように土を濡らして、ぎゅっぎゅっと握って土台になる玉を作ります。
握りしめて水分を絞り出します。
絞りながらできるだけ丸い球体にしていきます。

<最初の2,3分間>
多少の荒っぽい仕草もOKです。
乾いた土(この段階では多少湿っている土でも可です)を振りかけて、握りしめたり、全体の形を丸くすることです。
きれいな球体にします。

<次の約3、40分間>
なめらかな球面作りの段階です。
手順としては、左手に持った土台玉の上に、右手で乾いた土を振りかけると小山のように盛り上がってのります。
その盛り上がり部を右手の親指とその根本あたりを使ってそおっとなぞるように落としていって、なめらかな球面を作っていきます。また玉を転ばして、また別の所に土をかけて、またなぞって・・・・この繰り返しです。

<休ませる>
①きれいな球体ができたら、乾いた雑巾など柔らかい場所にそのまま置いて直射日光を避けて自然乾燥させます。
約1時間が目安です。

仮皮作り
①休ませた後、土を振りかけていってなぞります。
②そおっと表面を削るように手でこすって、ざらざらした面をつるんとした面に変えます。数十秒こするだけで一気に色合いが変わるはずです

GWは光る泥団子で!

1