1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ニホンミツバチの週末養蜂を始めれば、一生没頭できる趣味を得ることができます。

ニホンミツバチの飼育では、巣箱を作って群れを捕獲するところから自分で行います。

その分、試行錯誤の余地が多く残っています。自力で行っているという実感を得ることができますし、何年も、何十年も没頭できる奥の深さがあります。

特に、初めてのニホンミツバチを捕獲したときや、初めてハチミツを採取できたときの感動は得難いものです。

しかも、満足するのは自分だけではありません。採れたハチミツを家族で食べたり、友人に差し上げたりすることで、みんなが笑顔になります。このような素晴らしい趣味が他にあるでしょうか。

ニホンミツバチの飼育の始め方の動画

ニホンミツバチの飼育の始めかたを3分で理解することができます

ニホンミツバチの週末養蜂で得られるペットのような「癒し」

飼育するまでわからないのが「癒し」です。
授粉用に使用されるセイヨウミツバチは、道具のように扱われることも珍しくないと聞きます。
しかし、私たちにとってニホンミツバチはペットです。

犬や猫のように心に安らぎを与えてくれます。なつくことはありませんが、寒い日も暑い日も懸命に働く姿を見ていると癒されます。

暖かい季節であればニホンミツバチは刺すことはありません。

ニホンミツバチの週末養蜂で得られる人とのつながり

ニホンミツバチを飼っていなければ、会うことはなかったり、会ったとしても親密になれなかっただろう人とも、親交を深めることができます。全国各地の飼育者と知り合うこともできます。

インターネット上の掲示板などで全国各地の週末養蜂家たちが日々情報交換をしています。
オフ会も頻繁に開かれており、養蜂という趣味で多くのネットワークができます。
このようなニホンミツバチの養蜂を通じた出会いが、人生をより豊かなものにしてくれます。

ニホンミツバチの週末養蜂で得られる地域農業への貢献

ニホンミツバチを飼育すると、花粉媒介の効果で周囲の野菜や果樹の実りをよくすることができます。ニホンミツバチの行動範囲は巣箱から2km以内ですから、自分の畑や庭だけではなく、地域全体に貢献できます。

1