1. まとめトップ

野生のビーバーに噛み殺され男性死亡 【ビーバーの素性】

日本ではなじみが薄い可愛らしいビーバー。しかし、その実力はすごいものだった。

更新日: 2013年04月12日

osagasiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 23094 view
お気に入り追加

● 事件の概要 ●

ベラルーシのブレストに住む男性が、ビーバーに襲われて死亡

男性は2名の友人たちと共に、シェスタコフ湖に釣りに出かけた。
 その道中、道端で大きなビーバーを発見し、
 記念に写真撮影することにした。

● ビーバーの素性 ●

可愛い・・・

本当の強さを知らなければ
近づいて記念撮影をしたくなりますね。

「ビーバーの巣」と「ビーバーダム」

左が「ビーバーダム」
右が「ビーバーの巣」

←ビーバーダム
・人が歩いてもびくともしない
・このダムによって巣の水位を調整する

巣やダムをこしらえる為の「歯」と「アゴ」

歯がオレンジ色なのが特徴的

見るからに硬くて丈夫そう

あのオレンジ色は鉄分に由来するものですから磨いても普通にブリーチしてもムリだと思いまふ。 RT @kondo_aki: ビーバーの歯って磨いたら真っ白になるんだろーか。アパガードとかで。

生まれたばかりのビーバーの前歯は白く、成長につれて色が濃くなるそうです。

木の根元付近をかじるビーバー

ビーバーは強い歯と強力なアゴで木をかじり倒し、
 巨木や枝、泥を積み上げて流れをせき止め、
 草原や森林に池を作ってしまう。

陸上でも俊敏なビーバー

撮影地:ロシア

被害者は、
「ビーバーに噛まれ、やっとのことで四つんばいに立ち上がったが、片方の靴が脱げ、
ビデオも落としてしまった。ビーバーの歯を見たことのある人なら分かるだろう。」と
語っている。

● クズリ VS ビーバー ●

レスリー・T・ホワイトは一群のオオカミまでもが、
 たった1頭のクズリを避けた例があると言っている。

オオカミもが避けて通る凶暴な「クズリ」

レスリー・T・ホワイトは意外な相手に
クズリが殺されるところを目撃している。

池の岸をのんびりと歩いていたビーバーを
クズリが攻撃したのだった。

両者はもつれ合って水中へ落ちた。
クズリはとうとうビーバーを放し、岸に這い上がろうとした。
ところが傷を負ったビーバーが追いかけてきてクズリの
喉元に食らいつき、再び水中へ引きずり込んでしっかりと
押さえていたので、とうとうクズリは溺れて死んだ。

凶暴な「クズリ」に立ち向かう勇敢なビーバー。
まるで、チンピラに絡まれたサラリーマンが返り討ちにする構図。

● 凄腕ビーバーの意外な食生活 ●

草食性で、日に2キロもの木の葉や草、木の皮などを食物とする。
 葉を食料とするために木をかじり倒すことも多い。

肉食かと思いきや、意外にもベジタリアン。

● ビーバーの生息地 ●

北アメリカ大陸に生息するアメリカビーバー と
ヨーロッパ北部、シベリア、中国北部に生息するヨーロッパビーバー

日本には生息していないようです。

1

関連まとめ





ジャンルを問わず思いつきでまとめサイトを作成していきます。(運営サイトにて記事をカテゴリ別に分類しました。)