1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kazexさん

財布の中にお札とカードしか入っていない人はともかく、

皆さんの財布の中に昭和26年から昭和33年までに発行された十円玉は入っていませんか?
通称「ギザ十」と呼ばれるこの10円硬貨、実は10円以上の価値があります。
とはいうものの昭和32年と33年以外のギザ十は流通量が多いため、未使用品でなければ価値はほとんどありません。

ギザ十と同じように、各硬貨ごとに価値のある製造年があります。
そんな価値のある硬貨を下記に簡単にまとめました。

貯金箱を一つ二つ、小銭入れを用意してください。

毎日、日常的に使う小銭は「昭和62年以外の500円玉」か100円玉だけとし、その他硬貨のお釣りは全て持ち帰りましょう。
そして、家に帰った後「プレミア硬貨貯金箱」の前で、ゆっくりお釣りの小銭に価値があるかないかを確認します。
額面よりも価値のある硬貨は「プレミア硬貨貯金箱」に入れてください。
額面通りの価値の硬貨は「別の貯金箱」に入れるか「使ってもいい小銭入れ」に入れて、1000円以上貯まったら通帳に預金するとか、普通に使用してお釣りとして違う硬貨に変換しましょう。

プレミア貯金箱が貯まったら、ネットオークションなり、コイン屋さんなり、売ればいいのです。
また、硬貨の価値の相場は常に変動しますので、売る際は慎重に。

※このまとめの相場は一例です。

【500円硬貨】

昭和62年・・・900~1200円
昭和64年・・・600円

500円玉を使う場合、昭和62年かどうかを確認して使いましょう。

【100円硬貨】

平成13年・・・250~300円
平成14年・・・200円

出典yaplog.jp

100円硬貨の場合、平成13年と14年を取りこぼさないようにしましょう。

【50円硬貨】

昭和34年・・・150円
昭和35年・・・1500円
昭和36年・・・300円
昭和60年・・・150円
昭和61年・・・150円
昭和62年・・・8000円
平成12年・・・400円
平成13年・・・100円
平成14年・・・200円
平成15年・・・200円

価値のある50円硬貨の製造年はたくさんあるので、お釣りで手に入れた50円硬貨は家に帰ってから「宝くじの当選番号をじっくり確認するような気持ちで」仕分けしましょう。
昭和62年と昭和35年の50円玉は特に貴重なので、取りこぼさないようにしましょう。
また、平成12年以降は製造枚数が少なくなっているので、確保しておきましょう。

【10円硬貨】

昭和26年・・・50円
昭和32年・・・80円
昭和33年・・・100円
昭和34年・・・50円
昭和61年・・・50円

10円硬貨はギザ10ならとりあえず確保という感じで覚えておきましょう。

【5円硬貨】

昭和24年・・・30円
昭和25年・・・30円
昭和26年・・・30円
昭和27年・・・50円
昭和28年・・・50円
昭和32年・・・500円
昭和33年・・・50円
昭和34年・・・70円
昭和35年・・・60円
昭和36年・・・50円
昭和37年・・・40円
昭和38年・・・30円
昭和39年・・・30円
昭和40年・・・30円
昭和41年・・・30円
昭和42年・・・70円
昭和43年・・・40円
平成12年・・・100円

価値ある5円玉もたくさんの製造年があります。
平成12年と、昭和43年以前の5円玉を確認して集めましょう。
昭和33年以前に発行された通称「フデ五」と呼ばれる5円玉は、書体が楷書体で今のと違いますのでわかりやすいです。

【1円硬貨】

平成12年・・・70円
平成13年・・・100円
平成14年・・・100円

出典ameblo.jp

一円を笑うものは一円に泣く。平成12年~14年の1円に注意です。
価値が100倍にもなります。

【参考サイト】

平成24年の1円玉、流通用の製造枚数ゼロ。将来のプレミア硬貨確定です!

普段使う流通用の1円玉の製造枚数が、2011年は43年ぶりにゼロだったことが分かりました。

財務省や造幣局によると、2011年は45万6000枚の1円玉を作ったが、すべて記念品として販売する「貨幣セット」向けだったとのこと。

流通用の1円玉を作らなかったのは、世の中に出回る量が増えて生産を止めた1968年以来の出来事です。

造幣局によれば、平成22年、23年ともに一般流通用の5円玉は製造されなかったという。だからといって製造量がゼロだったのではなく、「ミントセット」と呼ばれる、同じ製造年の硬貨が一種類ずつ専用ケースに収められた貨幣セット用の5円玉は製造されている。こうしたことは今回が初めてではなく、流通量をみながら適宜、硬貨の製造枚数が調整されているため、過去には昭和62年に50円玉が製造されなかったことがあった。
 平成24年の製造枚数は集計が終わらないと確定しないが、平成24年も一般流通用の5円玉はつくられなかったとみられている。
 では、平成22年以降の5円玉は、大きな価値に化けているということなのか。

1