1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

airhorseさん

お笑いコンビ、アンタッチャブルの山崎弘也(37)が11日、都内のキャバレーで、宣伝部長を務めるDVD付きムック本シリーズ「東宝 昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」(講談社)の創刊記念イベントを行い、相方・柴田英嗣(37)との活動再開に意欲を見せた。

柴田は2010年1月から1年間休業

当初は体調不良を理由に1年間休養していた。

「週刊誌にありました女性トラブルですか。引き起こしまして、それでお休みしたんですが」と、かねてより疑惑のあった“女性トラブル”があったことを自ら認めた。

自らの番組『LINDA!~今夜はあなたをねらい撃ち~』(TBSラジオ)で告白。

「(山崎に)嫌われていないです。不協和音がながれているだけ。信用されていないだけです」と語った。

『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)に出演した際、太田からの「(山崎から)嫌われているの?」との問いに。

柴田は2011年に復帰するも、いまだに山崎との共演はないが・・

山崎は「(柴田とは)ちょくちょく会ってますよ」とも報告。柴田が昨年発売した著書「アンタッチャブル柴田英嗣の野生動物の倒し方」について語り合ったといい、「『もうかってるか?』と聞きました」と、関係良好を強調した。

柴田は著書「アンタッチャブル柴田英嗣の野生動物の倒し方」の発売記念イベントでコンビの復活を熱望し、「漫才をライブでやりたいですね。僕は山崎との差を埋めるよう頑張ってます」とコメント。

関連記事

1