1. まとめトップ
  2. 雑学

壮絶すぎて泣けてくる…”デヴィ・スカルノ”という生き方

実はかなりの苦労人?デヴィ・スカルノの半生まとめ。

更新日: 2014年01月27日

583 お気に入り 1345723 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nasurinさん

デヴィ・スカルノの壮絶な人生

日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。

本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ、旧名・日本名:根本 七保子

大工をしていた父親の長女として生まれますが、家は貧しく家計を助けるために定時制の高校を中退。

三田高校の定時制に通いながら、「休日は喫茶店でアルバイト。弟を大学に行かせるために赤坂でホステスになる」

ちょっとだけ女優活動をした後、家計のために高級クラブ「コパカバーナ」で働く。

そして、「東日貿易の秘書」として、スカルノ大統領のもとに送り込まれたのが馴れ初めであった。当初は単なる愛人の一人だったが、勤勉な態度が認められて結婚、第三夫人となる。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8E

実弟の八曾男が自殺、それを伝え聞いた彼女は「何時までも心を離れない悲しいトラウマになっている」と告白し、後にジャカルタの宮殿の一つに実弟の名をつけた。

19歳でインドネシアのスカルノ大統領と結婚。25歳で娘カリナさんを出産

「67年、スカルノ大統領が終身大統領を解かれ、その3年後、ジャカル 夕で逝去。その後、幼いカリナを連れ、パリに亡命。社交界の華として賛美され、”東洋 の真珠”と称される」

刑務所暮らしの経験

上流階級のパーティーでひとりのご婦人とケンカになり、デビ夫人が持っていたワイングラスで殴っってしまった。

「刑務所での生活は学生寮のようで楽しかった」

傷害罪でデヴィ夫人は禁固60日の実刑判決が言い渡され、34日間刑務所に収監されます。

タレントへの転身

1996年に松田聖子がヘアヌード写真集を出す予定で、結局出版社との契約を反古にした騒動の時「罵倒タレント」としてテレビに出演し始めた。

出演したあるワイドショーでデヴィ夫人は、松田聖子のことを「あんな三流タレント」と切り捨てた。

「芸能界のご意見番」という肩書でワイドショーでも常連化。

かっこいい恋愛価値観

「22人の男性とお付き合いしてるなんで、平気で言える、それは本当に人を愛していることではないんですよ」「この人は妄想の中で生きている」と一喝

22股アイドルへの発言

「アータね、あたくしなんてまだまだ現役よ」

デヴィ夫人は73歳の今でも男性と肉体関係を持っている。。さらに夫人はこの発言の前に、「あたくしは白雪姫ですから」「世界中に7人の小人がいるの」と話している。

デヴィ夫人の"男を虜にするテクニック" 可憐な女を演じる、男をじらす、密着

たくましすぎるデヴィ夫人

「新しい事に挑戦するのは、まったく怖くないわ。私が、本当に怖いのは挑戦する気持ちが、なくなってしまう事よ」

テレビ番組の企画で、自転車に乗れないデヴィ夫人が、自転車に乗れるようになり、その番組終了後に言った言葉がこれ。乗れるようになるまで何度も自転車に乗っては倒れ、乗っては倒れることを繰り返してきた。デヴィ夫人の生きざまが垣間見れる。

「クイズ$ミリオネア」でミリオネアになった芸能人第一号は何を隠そう、この人

「私の人生は、シンデレラのようなものではない。幼いころに体験した戦争と貧困が、 どんな逆境でも生き抜く力を与えてくれた。人の3倍勉強して、努力して、働いたおかげで今がある。」

領土問題の脅威に直面している日本の現状に言及するとともに、「『AKB48』に うつつを抜かしている 場合じゃないでしょう!!」と警鐘を鳴らした。

「私は『AKB48』 の可愛らしいお嬢さん達が 憎らしいわけではありません」とした上で、「この20才前後の 素人集団が、東京の秋葉原からジャカルタ、上海へと広がり、異常な人気を博していますが、これは全て人工的に作られた人気。ビッグ・ビジネスに他なりません」と批判。

へこへこしないデヴィ夫人かっこいい。 凛としてる←

1