1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

upset-winさん

どんな会社なのか?

ライオン・エア(Lion Air)は、インドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社である。

民間航空会社の LION AIR(ライオンエア)は、WING AIR(ウイング・エア)とならび、インドネシアの元副大統領ユスフ・カラ氏の関連会社の一つだとか。最近東南アジアで増えている、AIR ASIA(エアアジア)や、日本にも就航している JET STAR(ジェット・スター)などLCC(ローコストキャリア)の一つです。なので座席は狭く、ドリンクはもちろん食事もでてきません。でも私はこの合理的な潔い割り切り方が好きですね。

元副大統領が経営している会社みたいですね・・・

ライオン・エア(Lion Air)は、インドネシアのジャカルタを本拠地とする格安航空会社である。 同社は、近年成長著しいインドネシアの航空市場に支えられめざましい急成長を遂げた。一方で、事故の発生率が高く、今後の路線展開やグループ企業の経営方針などに支障の出る可能性もあると見られている

事故歴

2004年11月30日 ソロで583便(MD-82)が暴風雨の中着陸に失敗してオーバーラン、乗員乗客163人中乗員1人乗客24人死亡。
2009年2月、リアウ諸島州バタムで車輪が出ず、胴体着陸したが負傷者なし。
2013年4月13日 インドネシアのバンドンからデンパサールに向かっていた960便(B737-800(PK-LKS/製造番号:38728))がデンパサール国際空港の09番滑走路に着陸した際、オーバーランし反対側の27番滑走路先の海に転落し大破。乗員7名・乗客101名のうち50人以上が病院へ搬送された。

過去にもオーバーランや胴体着陸の前科が・・・

ライオン航空の事故「着陸に失敗」、インドネシアの安全管理に疑問が残る。
ライオン・エアは、1999年の設立以来4件の事故があり、2004年にソロでMD80型機が着陸失敗した際には25名が亡くなりました。それ以外にも死者は出ていないものの、2002年に一度、2006年に二度も機体を損傷する大きな事故がありました。アジアのLCCは、安全管理の面で疑問視されているところがあります。安いのは有り難いのですが、事故が起こらないよう徹底的に管理をして欲しいです・・・


URLの形式の都合で引用できなかったのでテキストで張っています。
http://lcc格安航空券.com/20_lionair.html

評判・ランキングなど

263.ライオン航空   LNI インドネシア   44.77

300会社中263位でなんとワースト50位に入っている会社でした。

ライオン・エアーはパイロットが薬物所持で捕まった

ユーザーの書き込みです。

チェックインするのに一時間近くもだらだらと待たされ、チェックインカウンターがチェックイン荷物の有無で分けると言い出したかと思うと、実質ごちゃ混ぜ。指示系統に一貫性がなく、客は不満爆発。ますますごった返す有様。
チェックイン荷物だけを先に係員が持っていってしまい、果たして自分の荷物が本当に間違いなく目的地行きに振り分けられているのか?と思うような作業の仕方でした。
本当はガルーダで以降と思ったのですが、同伴者たちがガルーダは高いといい、不承不承渡しはライオンに乗った次第。もともと乗りたくなかったのですが、乗ってみてやはり失敗だと思いました。

ライオン・エアの評価



平均総合評価[2] ★★☆☆☆
利便性[2] ★★☆☆☆
安全性・信頼性[2] ★★☆☆☆
経済性[3] ★★★☆☆
接客態度・サービス[1] ★☆☆☆☆
設備の快適度[2] ★★☆☆☆
利用者特典[1] ★☆☆☆☆
. ※過去三年間の評価の平均です。

1