1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

【トラブル防止】Facebookの”これだけは”セキュリティ!

情報漏洩とかよく分からない…という人も、身近なリスクとして、これだけは知っておきましょう!随時更新していきます。

更新日: 2013年04月14日

smith8さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1491 お気に入り 122359 view
お気に入り追加

Facebookは実はトラブルのもと!

ということで、最低限の”防御”をしましょう。

【1】タグ付けは自分で「公開する/しない」を選べるようにする

。あらかじめ「タグ付けの設定」を行っておくと、勝手に自分のタイムラインに写真やスポット情報が載っていたということを防ぐことができます

「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」の「自分がタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」を編集し、「オン」にします
※最初はオフになっていると思います

【2】見られたくない人に、自分の投稿を見られないようにする

プライバシー設定では、シェアするコンテンツを表示できる人とできない人を指定できます。[カスタマイズ]を選択すると、ポップアップボックスが開きます。このボックスで、特定のネットワーク、友達、友達リストとシェアするか、これらを除外するかを選択できます。

投稿をするときに、投稿欄右下に出る人形マークをクリックします。
表示されたメニューの中から「カスタム」を選んでクリックします。
「次の人に公開する」という項目から、対象者「特定の人」を選び、見せたい人の名前を入れていきます。

ワンランク上のテクニックはこちら!

【3】(モバイルでは特に)位置情報に気をつける

Facebookのメッセージでやりとりしていると位置情報がONになっている人がいます。メッセージの位置情報は結構詳細な場所が分かってしまうので気をつけたほうがいいです。

メッセージを送る際のコメント欄にあるアイコンでON/OFFを切り替えられます。アイコンが青くなっているとONになっています。

【4】個人情報は流出させない

Facebookはアカウントを登録した時点で、Google検索結果に反映されてしまう設定になっています。

いつも隣に座っている同僚が、もしかしたら毎日あなたのウォールをこっそり見ていることだって考えられるのです。

そんなのイヤだ! という方は今すぐ下記の設定を行いましょう。

STEP1:「▼」をクリックし「プライバシー設定」をクリック
STEP2:「広告、アプリ、ウェブサイト」右側の「設定を編集」をクリック
STEP3:「一般検索」の「設定を編集」をクリック
STEP4:チェックを外す
STEP5:「承認」をクリック

自分で自分を守りながら、楽しくFacebookはやりましょうね!

1 2





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

smith8さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう