1. まとめトップ

ファンは見ちゃダメ!ディズニーにまつわる都市伝説!|ディズニーランドの謎

今年、開演30年を迎えるディズニーランド。ディズニーに関する都市伝説は非常にたくさんある。ディズニーに関する都市伝説を紹介したい。

更新日: 2016年11月10日

MediaMさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1179 お気に入り 14573789 view
お気に入り追加

アトラクション編

マーメイドの届け物

娘が水に落としてしまったサイン帳。しかし、キャストへそのことを話すと、不思議な事に水の中に落としたはずのサイン帳はまったく濡れた形跡がなかった。サイン帳の中身を見てみるとサインが1つ多い。母は気がついた。これはさっき落としたサイン帳じゃなく、キャストがわざわざ準備して・・・。
キャストに聞くと、彼女はこう答えた「それはマーメイドが届けてくれたんですよ」
1つ多かったサインはマーメイド・アリエルのサインだった。

シンデレラ城の噂

シンデレラがつけている”願いのピアス”は願いを叶えてくれるという。多くの人が願いのピアスに願いを掛けている。都市伝説では「みんなが幸せになりますように」という願いをする人が人生の幸せを手に入れられるという話もある。もう一つの”呪の指輪”。こちらはたちが悪い。夫人が付けている指輪に触れながら、憎い人のイメージを抱くとその人に呪をかける事ができるのだそうだ。憎い人間の不幸のイメージを抱き指輪に触る。そうする事で呪いが掛けられるのだそうだ。

ディズニーの人さらい都市伝説

ディズニーでの誘拐事件というのを皆さんご存知でしょうか?ある家族がディズニーランドへやってきた。 そしてその家族はトイレへと行き、小さな男の子は一人でトイレに行きました。
女の子を抱いた夫婦だと思ったそうです。しかしよくみると、 子供がはいている靴は、最近自分がかってあげた男の子向けのキャラックターの靴だったのです。 これはおかしいと思った母親は、警備員に伝えその二人を取り押さえ無事保護できたのです。
臓器の密売目的で子供をさらう危険な誘拐犯が数多く徘徊しているとか……皆さんも ディズニーランドで子供を一人にしてはいけませんよ?

ビッグサンダーマウンテンの事故

10年以上も前の話だが、ビッグサンダーマウンテンが突如停止してしまうという事故があった。
停止した原因を突き止めようと運転室にいた係員たちはビッグサンダーマウンテンの監視カメラの映像をくまなくチェックした。ビッグサンダーマウンテンの監視カメラにはそこにいるはずがない、幼い男の子を連れた、髪の長い女性の姿が映っていたのだ。その女性はうっすら透けていて、ビッグサンダーマウンテンの監視カメラすべてに順番に移りこんでいる。そう、女性はビッグサンダーマウンテンのレールの上を順々に歩き回っていたのだ。

ディズニーランドの都市伝説 Club33

ディズニーランド内にある会員制のレストラン、Club33。
知る人ぞ知る、知らない人は多分知らない(汗)、
半ば、都市伝説化さえしているこのレストラン。
ディズニーランドには一般のゲストが入れない場所がいろんなところに存在する(らしい)。(汗)
その代表格がこのレストラン 『クラブ33』。

入場者数と退場者数の不一致

ディズニーでは、ある時期になると入場者数と退場者数が異なるというのをご存じでしょうか?そう、その時期というのは 『イッツ・ア・スモールワールド』の定期メンテナンスです。定期メンテナンスでは何をしているんでしょうか。。。 噂には古びた人形の入れ替えだとか。。。

イッツアスモールワールド

イッツアスモールワールドの出入り口に、謎の男の子がいるという。出入り口で一人だけで立っている男の子。
横を通り過ぎると、「もう行っちゃうの?」、「またきてね!」と話しかけてくるという。

上海ディズニーランド建設の都市伝説

 当初の予定では、今年中に開園することになっていたが、ディズニーのボブ・アイガー(Bob Iger)最高経営責任者(CEO)は先週、計画の遅れと来春までの開園の延期を発表。その理由に、パークの規模とアトラクション数の拡大を挙げていた。一部の情報によると、建設現場の汚染された土壌が環境基準に適合せず、この問題に対処するためにディズニーは国外から専門業者を雇ったといわれている。表土は、作業員らによって深さ1メートルまで取り除かれたが、この作業によって遅れが生じたとされている。

ディズニーで閉館後帰らないと…?

ディズニーランドの閉館後、帰らなかったら。。。みなさんはこんなことを考えたことはないだろうか?一昔、こんな話がはやったそうです。 これは以前、ディズニーランドで働いていたキャスト(従業員)の話なのですが閉館後、清掃と見回りをかね、2人グループで行動をしていたそうです。 一人は証言した女性、もう一人は妙に声の甲高い男性。するといきなりその男性は『ハハッ、どうして人の気配がするのかな?もうみんな帰っちゃったはずなのに…』 その後、すぐに隠れていた男性を見つけ一言『現在、館内にゲストはいません』

魔法のチケット

おばさんが係員にチケットを見せると係員は大急ぎで上司に連絡し、A子とおばさんに小声で「こちらへどうぞ。」と良い、120分待ちのハニーハントの入り口から二人を入れてくれました。

「長い間、このチケットを保管していてくださり、ありがとうございます。」

二人は一分も並ぶ事無く、120分待ちのアトラクションに乗る事ができたそうです。まさに東京ディズニーランドの魔法のチケット。

カップルで行くと別れる

実際には、「カップルで行くと別れる」と評されるデートスポットは数多く、TDLもその一つに過ぎない。
この手の話は他の観光スポットでも聞かれるが、TDLの場合は「(慢性的に混雑しているため)アトラクションの待ち時間や食事のための行列、それだけでなくトイレの待ち時間が長いため、疲労感が増し、会話が続かなくなって気まずくなる」「パレードを見るか、アトラクションに乗るかで意見がまとまらず、喧嘩になる」「TDLにはゲスト・キャストともかわいい女の子が多いので、男の方が目移りしてしまう」といった理由づけがなされることがある。また、パーク内で夏の酷暑・冬の極寒により体調を崩すゲストもいる。

スペースマウンテンの事故

スペースマウンテンは度重なる事故があった事からおはらいをしていたのです。事故は1980年代に多発していましたが、1990年代以降、事故の噂はパッタリとなくなりました。それがおはらいの効果だったかどうかは誰にもわかりませんが・・・。

「ウェスタンランドの池」東京ディズニーランド都市伝説

ウェスタンランドの池の都市伝説を皆さんご存知だろうか。真相を探ると驚くべき内容が隠されてた。
皆さんおなじみ、ウェスタンランドの池はミシシッピ川をモチーフとして作られている。ミシシッピに行ったことなくてもここがミシシッピ川だなと思ってします。そう思ってしまうには理由があった。

なんとこの川にはミシシッピ川の水がボトル1本分はいっているそうな。だから懐かしい故郷の匂いがしたのか。。。

カラスがいないのは、特殊電波を出して寄ってこないようにしているためである

カラスの部分が、蚊などになっているバリエーションもある。特殊電波の箇所には、音波、電磁波といったバリエーションがある。この都市伝説からの発展系として、「この特殊音波は成人にはあまり感じられないが、子供には聞き取れる。東京ディズニーランドで子供が通常以上にはしゃぐのは、特殊音波の副作用」というものがある。一部の音源には「蚊の嫌がる超音波」が録音されている。ただし、実際にその音域まできちんと再生されているかは不明。

TDLの地下カジノ

ディズニーランドの地下には巨大なカジノがあり、裏のゲストがギャンブルを楽しんでいるという都市伝説。
各国の富豪たちが夜な夜なあつまり、東京ディズニーランドの地下でギャンブルに明け暮れているという。

カリブの海賊にある白い花

出典http://kaola.jp/2014/07/14/26173/

実はカリブの海賊のアトラクション中、坂を落ちる少し前のところに家があり、その家の窓の下には鉢に植えられ、周辺の世界感とあきらかに雰囲気を異にする白い花が置かれているそうです。なぜ、そこに白い花が置かれているのか?実はカリブの海賊を建設する際に事故が発生して、死者が出てしまったそうなんです。この死者を弔うための白い花と言う事らしいです。もとは白い花は設置されていなかったのですが、カリブの海賊がオープンして間もないころ、モニターに得体の知れないなにかが写り込むといった怪奇現象が起こったため、設置する事になったそうです。

東京ディズニーランド(TDL)は手相を参考に作られた

ディズニーの創始者である、ウォルトディズニーはスピリチュアル好きで有名である。彼はアメリカのパワースポットとして有名なアリゾナに別荘を作ったほどスピリチュアルにハマっていたのである。


そんなウォルトディズニーは東京ディズニーランド(TDL)を作るときも、その土地にあるスピリチュアルな要素を取り入れたいと懇願したそうです。

ホーンテッドマンションの男の子

TDLの幽霊屋敷を模したアトラクション「ホーンテッドマンション」に本物の幽霊が混じっているというもの。
この話は開園当初から知られており、「最後に出てくる幽霊は本物、いや赤い幽霊が本物、黒い髮の女がそうだ」といったバージョンがある。
またホーンテッドマンションの長く続く廊下や、本棚が並んでいる書斎にはピノキオの人形を持った男の子霊が顔を覗かせるが営業時間後にしか現れないので従業員しか知らないというものもある。

ツリーハウスのすべり台

出典http://virates.com/society/0863365

「チップとデールのツリーハウス」には昔、すべり台があった。
しかし、このすべり台で子どもが落ちたり、手や足を切ったりするなど事故が多発した。原因を究明するためすべり台を調べたが、異常なし。仕方なくすべり台を撤去(てっきょ)することになったが、その際に事故の原因がわかった。すべり台の下に「白骨死体」が埋まっていたのだ。

facebookに投稿された東日本大震災の日

東日本大震災当時、ディズニーには7万人もの人がいたのか!と驚いた。そして、ディズニーのキャストがゲストへ物資的な援助だけでなく、メンタル面でのサポートをしていたという事がやはり都市伝説ではなく事実だったという事に感動した。若干、都市伝説の内容とは異なるが、お店のお菓子やひじきご飯を振る舞ったというエピソードは都市伝説どおりである。

チップとデールのはち合わせ

チップとデールの姿をした着ぐるみが、同じくチップとデールの姿をした別の着ぐるみと出会ってしまい、計4人になってしまったというもの、また7人の小人が鉢合わせし14人になったというものもある。

トイレの鏡は洗面台の正面に置かない

ただでさえ、行列の出来るトイレは、洗面台を化粧などされ占拠されると非常に混む。
そこで、出入り口などにおいてあります。 現実に浸ってほしくないからといいますが、上記のような理由があります。

7人の小人がはち合わせ

出典http://virates.com/society/0863365

着ぐるみの7人の小人が、みんな一緒に並んで歩いていたときのこと。向こうから、同じく7人の小人がやってきた。合わせて、14人の小人になったことがあったという。

パレード沿いのアトラクションは木が生い茂る

なぜパレード沿いのアトラクションに、木が生い茂るというとこーやってパレードが始まると、みんな見とれてしまって、列が進まなくなります。
そのため、木などで覆い隠し、見えなくする手段を使います。 また、列が長いという印象を薄れさせるなどの効果もあります。

ホテルの高さが全部12階までに制限されている

ディズニーでは、魔法の国という感覚をさせる為、園内の景観を損ねる恐れのある、高いビルが見えないように、園外のビルに制限を掛けております。 写真のように、もしこのエリアに20階建のホテルが建っていたりすると、急に現実に戻ってしまい、『花やしき』になってしまいます。 ここから、ホテルの高さ一覧がありますが、ほとんど、11階か12階です。

園内にミッキーは1人しか居ない

園内にミッキーは1人しか居ないといわれておりますが、1箇所だけ、矛盾が生じる箇所があります。例えば今パレード中でミッキーが居ます。 そんなとき、いつでも会えるミートザミッキーというアトラクションに行ったらどうなるのか。
パレード中のミッキーはなんなの? しかし、ここに残念なお知らせが。 ミッキーはともかく、ドナルドダックが2匹いることが確認できました なにやら忙しそうに

1 2 3





ネタ職人見習いです。1人でも自分のまとめで笑顔になれば良いと思ってます。
頑張って、作っていきますので、お暇な時には是非、ご覧になっていただけるとうれしいです。

このまとめに参加する