1. まとめトップ

米空軍が運用する戦闘機のF-22ラプター。興味の無い人でもニュースなどで目にしたことがあるでしょう。その世界最強の戦闘機という謳い文句を知る人もいるはず。

では、どうしてF-22は世界最強なのでしょう?その性能を具体的に解説いたします。

贅沢な3つの性能!

F-22は、ステルス性能、推力偏向ノズル、超音速巡航性能の3つを合わせ持ち、その空対空戦闘能力で他を圧倒しています。

 


● ステルス性能とは自機を敵機のレーダーに映りにくくする技術です。敵のレーダー電波の反射を最小限にし、反射する場合にも斜めの方向などに反射します。そのためには機体を特殊な形状にする必要があり、F-22を始めとしたステルス機は可能な限り機体表面の凹凸を減らし滑らかにします。それを徹底するため、ステルス機は基本的にミサイルなどを機内に内蔵します。

新型のボルトアクション・スナイパーライフルはイスラエル軍の特殊部隊と共同開発されたものであり、
従来に比べより長射程・高精度な狙撃を可能としているとの事です。

IWI社はイスラエルで立ち上げられた新しい銃器メーカーです。
同社はその新製品の一つとしてこのDAN 0.338ボルトアクションライフルを開発しています。

DAN 0.338はアルミ合金製のシャーシを採用するなど可搬性も重視した設計となっており、
バレル長は737mmにも関わらず重さは6.9kgしかありません。
また調整可能なストックや脚も含まれています。

DAN 0.338にはスコープやナイトビジョン等を取り付けられるようピカニティレールが採用されています。
銃弾は0.338ラプアマグナム弾を使用し、1200mの有効射程を有しています。

米海軍は13日までに、中東ペルシャ湾で今年の夏、輸送揚陸艦ポンスに搭載した「レーザー兵器」の発射実験を計画していることを明らかにした。
レーザー兵器は、米海軍艦船に脅威を与える航空機や小型船舶の破壊を目標に開発された。2011、12両年の実験では、この目標が達成可能であることが立証されたという。
海軍によると、レーザー兵器の発射は米兵1人がビデオゲームに使われるコンソールのような形状の装置を作動させて行う。
海軍の兵器開発研究部門の責任者によると、レーザー兵器の1回の発射に必要な費用は約1ドル(約102円)相当。必要とするエネルギーの確保にも問題がないと指摘。脅威を与える安価なつくりの兵器などを高価な弾薬を使って破壊する無駄が省けるとも述べた。

携帯式地対空ミサイルをレーザーで防ぐ

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう