1. まとめトップ

三國連太郎さん逝去~60年の役者人生を追う〜

14日に逝去された俳優の三國連太郎さん。デビューからをまとめました。

更新日: 2013年04月22日

3 お気に入り 7621 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fujiwara1054さん

1951年デビュー、数々の作品に出演

井上隊長役。
こうしてみると、息子の佐藤浩市さん、よく似てますね。
「飢餓海峡」「復讐するは我にあり」など数々の名作に出演

結婚は4回経験

1回目の結婚は偽装結婚でした。(中国から妻帯者であれば早く帰国できたことから)
俳優の佐藤浩市さんは3番目の妻との間の子です。
浩市さんが小学生の時に離婚。一緒に暮らしたり、遊んだ経験はないとか・・・

太地喜和子との不倫など奔放な女性関係

「奇人」「怪優」とも呼ばれ、数々の伝説が・・・

知り合いの歯医者を訪ね、上の前歯を1本残らず抜いてくれと説き伏せた。

1957年「異母兄弟」で一回り以上年上の女優さんとのラブシーンを演じるため、歯を抜いて老け顔に見せたそう。

1958年、「夜の鼓」でじゃ有馬稲子さんを殴って失神させた。

本気で殴ってと言われたから殴ったとか・・・

テストから有馬さんが10発以上も殴られてやっと本番の撮影に。
そして本番では三國さんから渾身の力でぶん殴られた有馬さんは失神しそうになったが、監督は「落ち着いたらもう1回やろう」と。
はれ上がった顔を氷で2時間かけて冷やし、ようやくOKが出た時には20回近く殴られていたそうです。耳の中に血のかたまりが長い間できていたとか

ちょっと・・・怖いですね・・・ここまでできる役者さんはなかなかいないです

この美しい顔を・・・・と思うと衝撃です

レイプシーンなどでも、リハーサルから本気で暴行することで知られ、親しい女優でさえおびえたという

新人女優に前貼りをとらせた「前貼り伝説」は有名ですね。
本番しようとしたこともあったとか・・・すごい俳優さんです

アカデミー賞の最優秀主演男優賞を3回受賞

主な受賞歴
日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞 3回
キネマ旬報ベスト・テン 主演男優賞 3回
ブルーリボン賞 主演男優賞 2回
毎日映画コンクール 演技賞/男優演技賞/男優主演賞 3回
キネマ旬報ベスト・テン 助演男優賞 1回
ほか多数。

1996年「三たびの海峡」でアカデミー賞、最優秀主演男優賞した際には、
息子の佐藤浩市さんがプレゼンターを務めました。

親子共演

22年演じ、愛されたスーさん役

本人は釣りはあまりお好きじゃなかったとか?

近年は体調不良のため休養されていました。
昨年は老人ホームに入居されているという報道もありました。
まさに俳優に全てを捧げた人生。
ご冥福をお祈りいたします。

1