パネルや施工業者を選択する上では、発電量をさることながら、各メーカー及び業者からの保証・補償の内容も確認しましょう。
1)メーカー保証には通常「製品保証」と「出力保証」を受けられます。期間とメーカーの信用度の判断が重要になります。メーカーの信用度が気にかかる場合は、保証がパワーガード社http://www.powerguardins.com/content/ja/pg_ja2.htmlといった第三者の再保険を受けているか確認をするのも一つの選択肢です。
2)業者からは通常「施工保証」を受けられます。保証期間と施工業者の信用度の判断が重要になります。
3)補償は、自然災害補償と盗難補償がメインになります。誰が補償を行うのかの確認、有償の場合の費用、適用期間の確認が必要になります。台風で実際に被害が出ている実例もでてきました。https://twitter.com/tatsuya115/status/379426436483805185/photo/1

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

太陽光発電所への投資

2016年に個人事業主や法人の方が50kw以下の低圧の土地付き/野立てや分譲型産業用の太陽光発電(プチソーラー)への投資をして、実際に売電を開始するときに必要な項目をまとめたサイトです。

このまとめを見る