特に価格重視で中国系メーカーを選ぶときには中国政府の動向にも注意しましょう。かつて世界最大手であった尚徳太陽能電力(サンテックパワー)http://www.suntech-power.co.jp/の中核会社も破たんする等、大手といえども予断を許しません。政府手動の再編も予想されます。http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE98T03X20130930
http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/kanren/201212270746.html
http://www.solarooya.com/?p=780

破たんしたといっても、太陽光発電所にすぐに影響があるわけではないようですが、パネルのメンテナンスや保険等は打ち切られる可能性もあります。
http://bizgate.nikkei.co.jp/smartcity/kanren/201303291640.html

日本でも取り扱いがある現在世界最大手の英利緑色能源(インリーグリーンエナジー)http://www.yinglisolar.com/jp/、大手の天合光能(トリナソーラー)http://www.trinasolar.com/jpや澳太陽能控股(JAソーラー)http://www.jasolar.com/JP/の今後の動向には注意する必要があるでしょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

太陽光発電所への投資

2016年に個人事業主や法人の方が50kw以下の低圧の土地付き/野立てや分譲型産業用の太陽光発電(プチソーラー)への投資をして、実際に売電を開始するときに必要な項目をまとめたサイトです。

このまとめを見る