1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【絶叫】世界最悪の道路「デスロード」が怖すぎる…!

ボリビアにあるというユンガスの道(別名:デスロード)。世界最悪の道路といわれるこの道、あまりにも恐ろしい場所だったようです。

更新日: 2013年05月01日

153 お気に入り 143852 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Nanahoshi14さん

ボリビアに存在する「世界最悪の道」

ボリビアのユンガス地域や、その周辺の村から首都ラパスへと通じる唯一の道「El Camino de la Muerta」。

米州開発銀行は1995年に「世界でもっとも危険な道路」と呼称している。

一歩間違えば呆気なく転落死

道は蛇のようにグネグネと曲がっており、まさに一歩間違えれば転落死してしまう道なのです。

気候条件も最悪

さらに、この地域は雨や霧が多い多雨林にあり、視界が著しく失われる事もしばしばで、泥状になった路面に山肌からの落石もある。

犠牲者が多すぎる

1年間に25台の車が谷へと落ち、200~300名の死者が出ているという

道の所々に十字架が立っていて崖から落ちて亡くなった人の慰霊なのだと聞かされました。

また、谷底に車両らしきものの残骸やタイヤがあったのも記憶にあります。

にも関わらず、観光地になっているらしい

未舗装の山道を標高約4000メートルから自転車で一気に下る同ツアーは外国からの旅行者に人気だが、例年多くの死者が出ており、同大使館は注意を呼び掛けている。

デスロードはボリビアの首都ラパスで一番身近に楽しめるアウトドアアクティビティなんだな。
これからも死人は出続けるだろう。

事故動画も存在

転落したこの場所は明らかに危険なため、この日もなるべく車体を軽くして危険を少なくしようと、乗客50名を降ろし先に渡して、運転者だけがバスに乗り渡ろうと試みたのですが・・・

三菱がCMを撮ったことも

デスロードを走行する世界で最も危険な三菱の運転テスト

1