1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

JU_MON0507さん

韓国は日本以上の学歴社会

そのため韓国の大学進学率は日本の約50%に比べて、約80%と非常に高い

受験失敗は人生の失敗。 受験で人生が決まる。

ソウル大学の倍率8倍、他の上位大学でもそれ以上の倍率

受験のプレッシャーから自殺する十代の若者が毎年百人単位で出ている。

就職の前には、徴兵もある。

勉強頑張ったら、今度は徴兵で約2年頑張らなければならない。

徴兵は社会人になる前にやらなければ就職できないので多くの人が大学を休学していく。

「受験戦争」「徴兵制」乗り越えたと思ったら、最後の最後に最大の壁「就活」が待っている。

誰もが憧れる財閥系企業ともなるとハードルは極めて高く、会社側は否定
しているが、TOEICで990点満点中、800点以上でないと履歴書すら見て
もらえないという。

大企業の入社倍率数百倍は当たり前

全企業数に対してサムスン電子やLGエレクトロニクスといった財閥系企業が
占める割合は、わずか1%に過ぎない。しかし、主要財閥10グループの
総売り上げはGDPの約75%を占める。その入社試験の倍率は少なくとも
数百倍で、トップのサムスン電子に至っては700倍とも報じられている。

公務員試験は平均競争倍率700倍

韓国の東大「ソウル大学」でも就職率は50%未満

一番優秀な大学へ行っても就職が難しい。

それ以外の大学の場合は、「大学新卒者が5人集まれば正規雇用は1人だけ。3人は非正規、1人は無職」と言われている。

大企業に就職できても実質40歳程度でリストラ

1