1. まとめトップ

“デューク更家?って一体ナニもの…? どうしてお金持ちなの??”

一昔前にさまざまなメディアに出まくっていたデューク更家さん。最近はあまり見かけなくなったが、あのころより一段と収入が上がっているようです。なぜなのでしょうか??

更新日: 2013年04月17日

12 お気に入り 188311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

デューク更家(でゅーく・さらいえ)
1954年、和歌山県新宮市生まれ。ファッションショーの演出およびプロデュース、モデルへのウォーキング指導を手がけた後、1993年から一般向けのウォーキングレッスンを開始。細胞を活性化させ、心身を整え、健康で更に美しい身体に作り変える独自のウォーキングエクササイズを確立。「歩く量や時間ではなく歩き方の質」や「歩くことで道徳を伝える『歩育』」を提唱すべく全国各地で活動中。

デュークさんは元々自由が丘のレンタルスタジオでもウーオーキングを教えていらして、

伝言板に写真とレッスンの日程などが書かれていました。

私もそこに行ったことがあり、こんなところでも教えているのだと驚きました!!

ただそんなデュークさんも、大学卒業後ジーンズショップを起業して失敗して、ろばた焼きと、

モデルと洋服のデザイン会社の3つを掛け持ちをしてたそうです。

その時の収入はアルバイトなのに70万超えていたいたそうで、

相当根性のある方だなと思いました!!!

普通アルバイトだったら20万円位で満足しますが、いろいろた苦労されていたようです。

借金を返しながらデューク更家さんが貧乏のどん底から「デュークズウォーク」

で一躍成功し、モナコに自宅を構えるまでに至った“這い上がりストーリー”は

有名ですね!!。

若い頃は相当モテたそうですよ!!

後、池坊短期大学教授・大阪経済大学の客員教授もされていました

という肩書きも凄いですね!!


それにしてもデューク更家さんは何故お金持ちなのでしょう?

実家が元々お金持ちという話もありますが、

さらに、デューク更家さんは世界各国に、お弟子さんが数千人もいらっしゃり、

そこからのマージンや、権利収入や、コーチング料などさまざま収入源は

あるでしょう!!

モナコと言えば世界第2の小国でありながら

住民の1万人に55人が資産3000万ドル以上(約29億円)の超富裕層で、割合は世界最多。


世界中のセレブ、富豪、金持ちが集まる土地で、多種の税金ががかからない事が

富裕層に人気の理由の1つだそうですが、

ざっくりと説明すると元々デュークさんは

ウォーキングの先生として時の人となりましたが

その会員の人が全国に40000人ほどいます。

でその会員費が月5万円なので

ここだけでも20億円の収入があることになる。


そこからお弟子さんからのマージンだとか

講演会だとか本だとかあわせるともっとありますよね。


もしこれが日本の環境で計算してみると

日本での所得税は最高税率で年収1800万円以上の税率40%。

仮にデュークさんの収入が20億円だとして

2000000000*0.4 = 800000000

8億円税金で持っていかれて残りが12億円。

一般の感覚だと8億円税金てこれはこれでそんなに!?って感じですよね(笑)

生活費、家賃、保険とかまぁいろいろ含めても

こんなにかかるはずはないので

まぁなんにせよお金に困ることはないと。

ただここから何がわかるのかっていうと

人から必要とされる価値を自分で生み出せる人は

勝手にお金なんか入ってくるんだよってこと。

お金を持ってない人は社会に価値を生み出せてない。

お金というのは需要がある所に集まる。

ほんとにこれだけですね。非常にシンプルです。

正しい歩き方をしたら1日300歩で健康は手に入るとデューク更家は言います。

「正しい歩き方」とはどういうことなのでしょうか?
正しく歩くと身体はどのように変化するのでしょうか?

「歩く」という行為の真の重要性がやっと問われるようになった今、長年「歩くこと」に注目し、深く研究してきたデューク更家本人の歩きを横で感じながらご自分の歩きを見つけていってください。

心と身体が元気に、楽しくなる。能力がみなぎる。行動が変わる。だから、運も良くなる!
デューク更家本人が指導する「ウォーキング力」講座です。

1