1. まとめトップ

◉ アウンサンスーチーとは? ◉

,
アウンサンスーチーは、ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家。


現在、連邦議会議員、国民民主連盟中央執行委員会議長。


※京都大学名誉フェロー(2013年)。

※ オックスフォード大学名誉博士(1993年)。


※ノーベル平和賞受賞(1991年)。


ビルマの独立運動を主導し、その達成を目前にして暗殺された「ビルマ建国の父」ことアウンサン将軍の娘である。


日本での報道では「スー・チー」「スー・チーさん」などと表記されることもあるが、原語では姓名の区別なく「アウンサンスーチー」と一語で表記する

◉ 『ミャンマー』 ▶ 『イギリスの植民地』 ◉

出典e-food.jp

””通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマ

””首都はネピドー(旧首都はヤンゴン)。

””多民族国家でありビルマ族(人口の6割)の他、主なものとして、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ヤカイン族、シャン族の少数民族がある。

””19世紀に入り、世界各地に植民地を広げていたイギリスは、ビルマ王朝との3度の戦争の結果、1886年にミャンマー全土を植民地にする事に成功した。

『そしてインドの一部として植民地支配下に置かれるようになった。』

◉ アウンサンスーチー夫 英国諜報部MIー6のメンバー ◉

▶女史の亡くなったご主人マイケル・アリスは英国情報部の幹部でした。女史は知ってか知らずか、民主化の名の下にミャンマーを資本主義化して、豊富な天然ガスの権益を取ろうとする英・米が送り込んだ謂わばスパイです!?

▶アウンサンスーチーはイギリス人と結婚しているが、その夫マイケル・アリスがイギリス諜報部員の幹部だった(すでに死去)のだから、彼女とイギリスの深いつながりを疑わない人間はいない。

▶マイケル・アリスはスーチーのオックスフォード時代の後輩で

チベット研究家、となっているが本当は英国諜報部MIー6のメンバーであり、

ある確かな意図を持ってスーチーに近づいたのは明白である。

◉「日本は過ちを認めるべき」韓国でのスピーチで日本を批判 ◉

聯合ニュースによるとアウン・サン・スー・チー氏は太平洋戦争をめぐる日本の歴史問題に絡み

「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べ日本の姿勢を批判した。

 ソウルで面会した宋永吉・仁川市長が

「ドイツと違い日本は従軍慰安婦問題などを認めない。関心を持ってほしい」と述べたのに応じた。

父アウン・サン将軍が生前、 「日本人の個人を憎んではいけない。誰でも長所と短所があるから短所を理由に憎むのはだめだ」と話していたとも述べた。

『アウン・サン将軍は第2次大戦中に旧日本軍の軍事訓練を受けたが、後に独立のため日本軍と戦った。』

日本は過ちを認めるべき」韓国でのスピーチで日本を批判

日本は過ちを認めるべき」韓国でのスピーチで日本を批判

人類支配者の正体?アウンサンスーチー

LOTUS STUDIO BLOG これから何が起こるか。我々は何をすればよいのか。

スー・チー氏は「本当にやりたいことを実現するためには、暴力ではなく平和的に説得することが必要。私は社会変革のためにそれを実行し続けている」と話した。

スー・チー氏は「アジアで民主主義が進んだ日本から支援を受けられると認識している」と期待を示した。

スー・チー氏は「日本の支援を得つつ、自分も努力していきたい」と応じた。

1






キチガイ、馬鹿、変態、変わり者、不審者、小説家、映画監督、居酒屋勤務、 総合芸術プロデュース。 オカルト情報を中心に理論的に分析しています。 1%の悪魔に喧嘩売って生きてます。ブログもよろしくです⬇

このまとめに参加する