1. まとめトップ

歴史的絵画に描かれた女性奴隷たちの神秘的な世界

歴史的絵画には、実は女性の売買される様子がしばしば描かれています。歴史的には多くの国ではごく最近まで女性の地位が低く、いわゆる良家の子女は表にでず、酒間の取り持ちには出ることは無かった。随って、奴隷女がその役目を担い、主人が教育を仕込み、貸したり売ったりした。

更新日: 2016年03月16日

palezioさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
228 お気に入り 1385019 view
お気に入り追加

歴史的には、少なくなかった女性の奴隷たち

Alfredo Valenzuela Puelma (1856–1909)

バグダードに生まれたイブン・ブラトーン(1066年没)は、『奴隷の購入と検査に関する有用な知識の書』という奴隷購入の手引書を著している。この書では人種に対する差別と偏見を“科学”的言説で糊塗しており、また、各人種すべてに対する蔑視やステレオタイプの一環という性格が強いものの、『肌の色が黒ければ良さが減じられる』『黒人女性は臭いので性的搾取のための女奴隷には向かない』など、黒人に対する差別意識も強くみられる。

奴隷には男性だけでなく女性もいた。

オットー・ピルニー Otto Pilny (1866–1936) はスイスの画家

とりわけ女性の奴隷の場合は、性欲処理の道具としてみなされ、性的な虐待を受けることも少なくありませんでした。

Otto Pilny 1919

ひとたび自身の生んだ息子がスルターンとして即位することとなればヴァーリデ・スルタン(母后)と呼ばれてハレムの女主人として高い尊敬を払われる身分となる。オスマン帝国では一時期、母后による権勢が強まり、女人政治、女人の天下とも呼ばれる時代も出現した。

ギリシアでは女性の奴隷はヘタイラと呼ばれていました。

Hiram Powers (1805-1873)

Marble

Exhibted at the Great Exhibition of 1851

ギリシアでは女性の奴隷はヘタイラと呼ばれていました。ヘタイラは話術の訓練を受け、教養のある女性として尊敬されてはいましたが、地位は認められず、時には性的な接待の場に出る事もありました。高級娼婦的な役割も務めていたのです。戦利品として奪ってきた女性や奴隷市場で売りに出されていた女性の奴隷は、もっぱら家事に従事していました。

Abastenia St. Leger Eberle (1878–1942)

アメリカの最初の奴隷貿易はアイルランドの白人を奴隷としたものでした。アイルランド人奴隷貿易は、ジェームズ2世が30,000人の牢獄者をアメリカに奴隷として売ったことが始まりです。

ギュスターヴ・ブーランジェ

1824年4月25日 パリ - 1888年10月 パリ)はアカデミック絵画およびオリエンタリズムのフランスの画家

イスラム世界でのハーレムでは金髪白人女奴隷が好まれ、オスマン朝に限らずその血を受け継いだカリフ、スルタンが多かった

画家: ジャン=レオン・ジェローム
タイトル: ローマの奴隷市場
製作年: 1884
ウォルターズ美術館収蔵

俳優エドモン・ゴーとともにコンスタンティノープルに旅行。以後数回にわたって東方を旅することになる。1854年にはオスマン帝国治下のトルコとドナウ川流域を旅行。途中、ロシア軍に強制徴募された被占領地域の住民たちが、野営地で鞭を持ったロシア兵の監視のもと音楽を演奏させられているのを目撃。これが同時代の異文化圏を主題とする風俗画を描き始めるきっかけとなる。

(1884年/油彩/カンバス/ジャン=レオン・ジェローム/Hermitage, St. Petersburg, Russia エルミタージュ美術館)

1884年/油彩/カンバス/ジャン=レオン・ジェローム

ギリシャ時代では女性の地位が低く、いわゆる良家の子女は表にでず、酒間の取り持ちには出ることは無い、随って、奴隷女がその役目を担い、主人が教育を仕込み、貸したり売ったりした。勿論、肉体もそれに含まれる。
しかし、彼女らは客と交際している間に、知的に洗練され、ウィットの効いた会話をたしなむようになり、それがまた彼女らの魅力の一部になっていった。

ジョン・メイラー・コリア OBE(John Maler Collier, OBE RP ROI, 1850年1月27日 - 1934年4月11日)は、イギリスの著作家、ラファエル前派の画家。当時の著名な肖像画家の一人だった。

1884年/油彩/カンバス/ジャン=レオン・ジェローム

Marriage Marketというタイトルは作者の皮肉であり、当然、奴隷市場のことを指す

Otto Pilny. Комментарии : LiveInternet - Российский Сервис Онлайн-Дневников

イスラム社会では奴隷(ラキーク)は自由人(フッル)とは明らかに異なる身分を形成していた。アラビア語ではラキーク以外に、男奴隷をアブド、マムルーク、あるいはグラームといい、女奴隷をアマあるいはジャーリヤと呼ぶ。

1 2