少年犯罪(しょうねんはんざい)とは、少年が犯した、または犯したとされる犯罪のこと。

日本では、少年法2条1項に定義されている少年、すなわち20歳に満たない者(男女とも)が犯した、または犯したとされる犯罪に対してこの言葉を用いる。

法務省が発行する犯罪白書では、殺人と強盗を「凶悪犯」としている。一方、「警察白書」では、殺人、強盗、放火、強姦を「凶悪犯罪」としている。

出典少年犯罪 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

子供が犯した殺人事件まとめ

子供が犯した殺人事件まとめです。神戸連続児童殺傷事件、長崎男児誘拐殺人事件、西鉄バスジャック事件、佐世保小6女児同級生殺害事件など

このまとめを見る