1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【運気上昇】観光にいかが?旅行にピッタリ沖縄のパワースポット【聖地】

一年を通した旅行先として知られる沖縄。その沖縄には自然あふれるパワースポットがたくさんあると言われています。パワースポットファンの方は力を取り入れるために、そうでない方は観光先を決める際の参考に、ぜひチェックしてみてください。

更新日: 2013年08月20日

1100 お気に入り 126754 view
お気に入り追加

きなわワールド 文化王国・玉泉洞の道路を挟んで前にあった、散策無料の「古琉球の谷」と呼ばれていた鍾乳洞が、整備されて「ガンガラーの谷」となりました。

種之子御嶽は命の誕生と子の健やかな成長を願う祈りを捧げる場所とのことです。
大きな男根の形をした鍾乳石・男洞(イキガ洞・別名[珍珍洞])は男神として信仰されており、子宝祈願の効果があります。(女洞・イナグ洞は立ち入り禁止とのことです)。

沖縄南部、知念半島東方5.5kmの太平洋上に位置する島で、琉球開闢神話ではアマミキヨが降り立った血とされ、五穀発祥の地、神の島と呼ばれています。癒されたい人にオススメです。

年間を通して催事が行われており、立ち入り出来ない日があります。

出典ameblo.jp

斎場(せーふぁ)というのは「最高位」という意味、御嶽(うたき)とは八重山に至る南西諸島に広く分布している聖地の総称で、すなわち斎場御嶽は琉球神話の聖地の最高位という意味です。
沖縄内のパワースポットでも効果が高いと言われており、癒しのご利益があるそうです。

琉球建築の最高傑作であり、琉球文化の聖地的存在である首里城は、守礼門や園比屋武御嶽石門、円覚寺跡などパワースポットがたくさん集まっているとされています。
気力を充実させたい人は、是非ココを訪れてみましょう。

ジャングルのような遊歩道1.5kmにあるパワースポットです。落差約16メートル、直径約130メートルの巨大な滝の姿を見ることができます。
日本の滝百選にも選ばれているので、パワースポットファン以外の方でも知っている人はいるのではないでしょうか。
癒し・浄化などの効果があると言われています。

絶景ポイントとしても有名な古宇利大橋を渡ることで行くことのできる古宇利島。
「沖縄版アダムとイヴ」伝説が伝承されていることもあり、子宝祈願に良いとされています。
また、古宇利島にはいたるところに子宝安産祈願の御嶽があるそうで、西ビジュル(クァナシガマ)には秋篠宮殿下、紀子さまが子宝祈願のために訪れたといわれています。

琉球八社の一つで、全国一の宮会より琉球国新一の宮に認定されています。
主祭神は伊弉冊尊(いざなみのみこと)、速玉男尊(はやたまをのみこと)、事解男尊(ことさかをのみこと)で、昔から厄除、安産、家内安全、病気平癒などのご利益、さらに近年は結婚式、、商売繁昌、受験合格祈願などのご利益も注目されています。

伊江島は沖縄本島の本部半島から北西9kmに位置する島です。
伊江島で注目されるパワースポットの「城山」からは、島の全景から本部半島まで眺めることができ、絶景ポイントとして知られています。
また、その他のパワースポットポイント「子宝石」や「ニャティヤ洞(千人洞)」など子宝が授かることが出来るとされています。

14世紀、琉球王国成立以前に北山の国王・北山王の居城であったとされ、県内最大級の城(グスク)とされ、国の史跡に指定されています。また、年には首里城跡とともに、ユネスコの世界遺産にも登録されています。
良縁や家庭円満、健康に効果のあるポイントと言われています。

首里城公園から行くことが出来る、日本の道100選にも選ばれている、戦火も逃れた風情あふれる古道です。
ドラマ「ちゅらさん」の撮影地にもなりました。
少し歩いた先には樹齢300年の大アカギの木もあり、そちらもパワースポット地として知られています。

国の天然記念物にされている樹齢280~300年のガジュマルです。
「ひんぷん」とは屋敷の門から家の中が見えないようにし、悪霊や災いが家に入らないようにする意味もあり、悪いものを跳ね返す壁とされています。
このひんぷんガジュマルは名護市のシンボルというだけでなく、名護の町や市民を災から守ってくれるものとして、大切にされています。

波照間島は日本最南端の有人島で、八重山では「我らの島」という意味の「ベスマ」と呼ばれることもあります。日本で南十字星を観測できる少ない島としても知られています。
癒されたい人、パワーをチャージしたい人は是非どうぞ。

関連ニュース

1





KAIDEN_GORILLAさん

このまとめに参加する