1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nasukoBさん

画像がおかしなことになっていますが、ナポリタンが小さいんじゃなくてタバスコがデカいんです。

太麺、具はタマネギ、ピーマン、ロースハムです。
お店にはネコちゃんがいるので、ネコ好きな方にもオススメ。

山下公園前にあるホテルニューグランド1Fのカフェ。
ナポリタンは、戦後GHQに接収された当ホテルでマッカーサーにケチャップを絡めたスパゲティを出したのが始まりといわれています。

…という、ナポリタン発祥の地のナポリタンなので当まとめにも入れましたが、「ケチャップでギトギトの昭和ナポリタン」を期待すると確実に失望します。単なる中途半端パスタなので、そこんとこ注意してください。

井土ヶ谷の日替わりカフェ「宿るや商店」には、日本ナポリタン学会のアンテナショップがあり、なんと会長自らナポリタンを供してくれます。

ショップを日替わりで複数のお店が担当する形式のカフェなので、曜日ごとに別のお店が入るのですが、各お店もそれぞれのナポリタンを出しています。

どの曜日にどのお店が入るのか、そのスケジュールはこちらのフェイスブックでご確認ください。
https://www.facebook.com/napomonogatari

麺はかなり太めでもちもち。
アルデンテとは無縁のプリプリとした食感です。
そこに多めの具材(ハム、タマネギ、マッシュルーム、ピーマン)を入れた、ボリュームのある一皿。

レモン風味のドレッシングがかかったキャベツの千切り、ポテトサラダが添えられています。

スパゲッティはもちろん太麺。
具材はハム、マッシュルーム、ピーマン、タマネギです。
しっかり炒めているナポリタンです。
食べログの口コミでは「具材にセロリが入っているのが珍しい」と書かれている方が1名いらしたのですが、もしかすると日によって微妙に違うことがあるのかも?

画像は http://taputapu.blog18.fc2.com/category1-2.html さんより。

こってり目の王道喫茶店ナポリタン。
具材は、玉ねぎ、ピーマン、ハム。

お店はおじさん(お行儀よい系)率が高いです。
なぜかラーメンなんかもあります。

ケチャップと特製ソースを1:1の割合で使用。
麺はゆでおき。
具材はソーセージ、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム。

洋食と中華のお店として創業。
なので、ナポリタンも中華鍋で炒めて作っているそうです。

具材はハム、マッシュルーム、タマネギ。
苦みがでるのでピーマンはなし。
上にかかっているのは店ですりおろしたエダムチーズです。
ナポリタンにしては麺は細め。
しっかり炒めてあります。

具材は、エビ、アサリ、タマネギ。
自家製トマトソース7、ミートソース3の割合で味付けしています。
麺はゆでおき。

具材はベーコン、タマネギ、マッシュルーム、ピーマン。
パスタはアルデンテですが、味付けはしっかりとナポリタンです。

横浜の中でも福富町という、アジアの繁華街を思わせるディープな場所にある洋食屋さん。

こちらのナポリタンは海老とアサリが入っています。しかも、ソースはボロニアソースとミートソースのミックス。ナポリタンとミートソースのいいとこ取りのような味わいです。
ナポリタンらしいやわらか太麺。
ボリュームもあります。

こってりとボリュームのあるナポリタン。
おなじみの具材にグリーンピースがプラスされています。

こちらのお店では、ナポリタンのことをなぜか「ポラタ」と呼んでいるそうです。
具材はウインナー、ベーコン、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム。
中細麺をしっかり炒めた「シャツに飛ばない系」のナポリタンです。

具材は、ベーコン、ピーマン、タマネギ。
しっかり炒めてある、シャツに飛ばない系のナポリタンです。

1 2