1. まとめトップ

アメリカが狙ってる?!北朝鮮が世界有数の資源国として金持ちになっている

北朝鮮は世界にまれにみるレアメタル、鉱物(主にウラン・金)の資源大国。世界の主要国はすでに北朝鮮との国交を正常化し、ビジネス展開を開始している。一方、政治的背景から遅れているのは日本と韓国とアメリカ、イスラエルなどである。マスコミは国際社会であたかも北朝鮮が孤立しているかのように報じるが

更新日: 2017年04月13日

palezioさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
234 お気に入り 535109 view
お気に入り追加

近年、膨大な石油資源まで発見されている

ロシアの資源探査チームの調査で、北朝鮮の西海岸地域に600億バレルもの石油が埋蔵されていることも判明してきた。

北朝鮮の西海岸地域のみで、600億バレルもの石油が埋蔵されていることが判明。世界ランキングでベスト8に入ることはほぼ確実視されている。

合金に使われるアルミニウムやマグネサイト、潤滑油や電子基盤の材料に使われるモリブデンなども、北朝鮮には大量に眠っているようだ。それ以外にも、リチウムイオン充電池の電極材料に用いられるコバルトや、超硬材に用いられるチタニウム、さらには金、銀などの資源も確認されている。

ウラン濃縮はしばしばニュースになるが、ウラン掘削はニュース性がない。北朝鮮でウランが産出されることは国際社会の常識だ

それほど膨大な資源があるのになぜ貧困と言われるのか?

北朝鮮が貧しい、貧富の差が拡大している、というのは外国の干渉によるものである。正常な貿易関係が構築されていれば、北朝鮮は戦争する必要はそもそもない。

外貨不足で食糧が不足しているとされるが、そもそも輸出可能な資源は文字通り山のようにもっているのだ。

完成すれば高さ330mのホテルとなり、2011年8月現在完成しているホテルの中ではドバイのローズタワ(333m)に次ぎ世界2位の高さとなる。柳京ホテル

建設には北朝鮮で携帯電話事業の展開を計画中のエジプト企業オラスコム・テレコム社(当時の会長はナギーブ・サウィーリス)が関わっているとされ、1億8000万ドルを投資したという情報もある。

日本のマスコミはというと、特集番組を組み、北朝鮮は飢餓の、貧しい独裁国家だと垂れ流してきた。もちろん、貧しくなどあるはずがない。

人肉食があるとまで報じられたが、実際のところ根拠が示されたことはない。話題づくりに作られたネタなのか、どこかの国のプロパガンダなのかすら不明な情報が、マスコミのニュースになっているのが実情

"人肉食があるとまで報じられたが、実際のところ根拠が示されたことはない。話題づくりに作られたネタなのか、どこかの国のプロパガンダなのかすら不明な情報が、マスコミのニュースになっているのが実情" / “日本人の知らない間に、資源国化…” htn.to/pxzpHf

食糧自給率にいたっては、日本の40%に対し、倍の80%
必要年間穀物消費量450万トンに対し、340万トンを自国で生産できる能力をもっている。

孤立していない国、北朝鮮

国連加盟国(192か国)中、160余か国と国交を結んでおり、EU加盟国ではフランスを除くすべての国と国交がある。

北朝鮮は核とミサイル問題で国連の経済制裁に直面しているが、驚いたことに水面下ではEUなど西側企業による北朝鮮市場への進出が始まっている。

もし、日本が核実験をしたとして、国際社会から食糧支援をうけることができるだろうか?
なんだかんだいっても、国際社会と外交関係を維持し続けられる北朝鮮を日本人は不思議だと思わない。

核兵器に反対し続ける北朝鮮

核兵器禁止条約に賛成したのが北朝鮮で、棄権したのが中国で、反対したのが日米韓

北朝鮮は自国の核開発は米国の核の脅威から国を守るための抑止力だと主張しており、米国の核兵器使用も禁止対象となり得る条約に積極的な立場

アメリカ人の信じたい/信じさせたい北朝鮮のイメージ

外国を実名であげて、攻撃してくるというストーリーの映画を文化的な国が製作する?

そもそも、朝鮮半島がどうして二つの国に分裂したのかの経緯↓

北朝鮮への進出を始めているヨーロッパなど

1 2 3 4





このまとめに参加する