1. まとめトップ

サカナクションの草刈愛美が気になって仕方ない件

サカナクション(Sakanaction)の女性ベーシスト・草刈愛美(くさかり・あみ)が気になって仕方がないという人が、男女問わずに急増中とのことなので、彼女に関するストーカー的まとめ。プレイヤーとしての実力はもちろん、その醸し出す雰囲気、色気にやられている人多数!?

更新日: 2013年05月25日

237 お気に入り 1010700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大人気バンド、サカナクションのベーシスト・草刈愛美さん。ライブでの演奏がまたかっこいいのですよ! 動画視聴必須です。

▼サカナクションとは?(いまさら)

▼ベーシスト・草刈愛美とは?

草刈愛美(くさかり あみ、1980年4月30日 - )

ベース・コーラス担当。東京都出身。
それまで活動していたバンドが解散し加入。

ベースを始めるきっかけ

仲良い女の子グループでバンドを組んだ。そのとき楽器を振り分けたときに、ギターは弾いたことがあって、ボーカルは歌う娘がいたからドラムかベースということになって、やったことのない楽器をやってみるのは楽しいからベースをはじめた。(なお小さい頃にピアノを習っていた)

高校生で黒い音楽

UKロックと平行してジャミロクワイ(Jamiroquai)とかの黒い感じ。「Virtual Insanity」を高校2年生の時に聴いた。札幌でファンクをやっているバンドを観にいってベーシストに教えてもらったりした。マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)を聴けと言われ難しかった。

▽山口一郎(Vo)のインタビューより

ベースの草刈(愛美)は札幌でいろんなバンドのサポートをやったりしてて。で、10代の頃から知ってて「いつか一緒にやりたいな」って思ってたら、たまたま彼女がやってるバンドが解散して。

今の5人のメンバーはどのような経緯で集まっていったんでしょうか?

草刈は聴いてる音楽もインテリジェンスなものが多かったから「サカナクションにとってはどうだろうな?」って思ったんですけど、やっぱり技術がある人だからすぐに順応していったというか。キャパシティのデカい奴だなって感じてましたね。

山口さんの最初のイメージってどんなものだったの?

▽歌ったりもするらしい!?

マツダCMソングの謎の女性ヴォーカルは、サカナクションの草刈愛美

ー2011年のことー
木幡によれば、そもそも、CMソング制作にあたって「女性ヴォーカルを」ということになり、兼ねてからツアーのサポートやイベントなどで親交のあったサカナクションの草刈が楽曲のイメージにぴったり合うことから、CM限定ながら今回のコラボレーションが実現したそうだ。

▽サカナクションのブログ番長!?

▼ライブ画像を集めてみた

1 2