1. まとめトップ

グロかわいい?ハダカデバネズミが凄すぎる【ガン耐性】

謎のキモ可愛珍獣 ハダカデバネズミ 悪口みたいな名前を付けたことを土下座したくなるほど素晴らしい彼らの生態をご紹介。読み終わる頃には彼らが愛おしく感じることでしょう。

更新日: 2016年12月03日

grtn89さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 181254 view
お気に入り追加

悪口みたいな名前「ハダカデバネズミ」のルックスはこちら

毛が無く、出っ歯なネズミ。まさにハダカデバネズミ!

ハダカデバネズミとは?

ハダカデバネズミ(裸出歯鼠、Heterocephalus glaber)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目(齧歯目)デバネズミ科ハダカデバネズミ属に分類される齧歯類。本種のみでハダカデバネズミ属を構成する。

ヘンテコなルックスですが本当にネズミです。

まさに驚き!奇妙な生態

蟻のように地中に巣を作る彼ら、その生態も蟻にそっくりなのです。

驚きその1 哺乳類には珍しい「真社会性」な生活

真社会性(しんしゃかいせい)とは、動物の集団のうちで、社会性昆虫などに見られるものを指す言葉である。もともとはこれらの動物に対しても、普通に使われるような、社会的な集団を作る性質の意味で社会性と呼んだのであるが、行動生態学等の進歩の中で、その意味が見直され、新たな概念として提出されたものである。その重要な特徴は、集団の中に不妊の階級を持つことである。

小難しい説明ですが、
要するにハダカデバネズミは蟻や蜂と同じように
個々が特定の役割を持った生活を送っているということです。

たとえば、こんな係があったり

その名の通り、
お布団代わりに小さな子ハダカデバネズミを温める係

普段穴を掘り地中に暮らす彼らですが、
時折その巣穴に外敵、蛇がやってきます。
そんな時は兵隊係の出番。

彼らは率先して蛇に立ち向かいます。
穴を通せんぼするようにわらわらと
敵の真正面に立ちふさがります。
そして、食べられてしまいます。
彼らは敵の腹を満たし、満足させることで
巣穴から出るよう促すのです。

そして、もちろん

驚きその2 げっ歯類最長の寿命

ハダカデバネズミは、同じサイズの齧歯類としては極端に長い28歳に至る寿命を持ち、齧歯類の最長寿記録を有している興味深い生き物である[1][2

なんと28歳!

普通のネズミの寿命が1年~3年とすると、
ハダカデバネズミはその9倍は長生きします。

もちろん女王ハダカデバネズミだけですが。

驚きの長寿、その秘密は「ガン耐性」

ハダカデバネズミはがんに対して高い耐性を示し、ハダカデバネズミにがんが発見されたことはない。このメカニズムは、一定のサイズに達した細胞群に新たな細胞を増殖させない「過密」遺伝子として知られているp16という遺伝子が、がんを防いでいるものである。ハダカデバネズミも含めたほとんどの哺乳類は、P16が活動するよりもかなり遅れた時期に活動する細胞の再生を阻害するp27と呼ばれる遺伝子を持っている。ハダカデバネズミにおいては、p16とp27の共同作用が、がん細胞の形成の阻害としての二重防壁を形成している[7][8]。

現在、ハダカデバネズミのゲノム解析やガン耐性のメカニズムを研究中だとか。

そして将来は……

私たち人間のガンへの治療や、健康に役立てられようとしています。

そんなハダカデバネズミを生で見たい人は!

東京都 上野動物園で展示されています。

出典ameblo.jp

本物そっくりな巣穴の中で暮らす
生き生きとしたハダカデバネズミを間近で
見ることができます。

714円でかわいいハダカデバネズミが買えます!

1 2





grtn89さん