1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

キリスト教ほど他宗教への憎しみを煽る宗教はないといわれております。

申命記7章2節にはこうあります。
あなたの神、主が、あなたの行って取る地にあなたを導き入れ、多くの国々の民、ヘテびと、ギルガびと、アモリびと、カナンびと、ペリジびと、ヒビびと、お よびエブスびと、すなわちあなたよりも数多く、また力のある七つの民を、あなたの前から追い払われる時、すなわちあなたの神、主が彼らをあなたに渡して、 これを撃たせられる時は、あなたは彼らを全く滅ぼさなければならない。彼らと何の契約もしてはならない。彼らに何のあわれみも示してはならない。
つまり異教徒・異民族を皆殺しせよとの命令です。

キリスト教のGODはねたみ深く怖ろしい神ですから(また、神自身が人間を簡単に殺してしまう記述も聖書には多くあります)、キリスト教徒達は教えに背き、他の神を信仰したりすると、どんな怖い罰や仕打ちが下されるか分からないと恐れ、他宗教を攻撃してきたのです。

アメリカを中心とする旧西側の情報に多く接します.
  彼らは,キリスト教の人が多いので,イスラム教に対してすこし不親切な報道になっている

恐ろしく高い失業率や貧困に加え、先進諸国の経済的圧力があって、そのうえで家族が亡くなったりしたら、ヤケクソになる気持ち

アメリカは、アフガン侵攻を正当化するために無茶苦茶なプロパガンダをやった

自分の肉親が虐殺され、生活が成り立たなくなった遺族の中から自爆テロに走る人が出てきても不思議じゃないでしょう?

ボストンマラソンのテロ

アメリカはテロリストならば正式な裁判にかけずに直ちに射殺することを大統領自ら讃える国です。

真犯人である確たる証拠のない容疑者の段階での射殺だったことは間違いないでしょう。

本当にこの兄弟がチェチェンの過激派に影響を受けた、あるいは「洗脳され」ているのであれば、それはアルカイダとは無関係であり

1 2