1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

こげ丸さん

日ユ同祖論

祇園祭はユダヤのお祭りがルーツ?

ユダヤの「シオン(ZION)祭り」は、日本の三大祭りの1つである京都の「祇園(ぎおん)祭り」と同じ7月17日に行なわれるが、“ギオン”は“ジオン”の転訛だと指摘する研究家がいる。

どうやらジーク・ジオンも関係してるんじゃないでしょうか。

ユダヤの「シオン祭り」はノア一家が大洪水を無事乗り越えたことを祝う祭りで、7月17日は『旧約聖書』で「ノアの大洪水」が終わった日とされているのであるが、日本の祇園祭りを最大に特徴づけている数多くの「山車(だし)」は、この“ノアの箱舟”を象徴しているのではないかと推測する研究家もいる。

な・・なんだってー!!

中二心をくすぐる六芒星

現在、日本人の総氏神を祀っているのは「伊勢神宮」であるが、(中略
現在、82代目宮司を務める海部光彦氏は、最近になってそれまで極秘であった“裏家紋”を公開した。

「籠神社」の奥の院である「真名井神社」の石碑に刻み込まれたその裏家紋は、なんと驚くべきことに「ダビデ王の紋章(六芒星)」であった……。

霊山や神宮などを結ぶと中心にあるのは平城京である。

かごめかごめに隠された家康と天海の思惑

「鶴と亀」とは、
日光東照宮御宝塔(御墓所)の真前に(側近くに)置かれている

「鶴(飛ぶ=天)」と「亀(泳ぐ=海)」のことであり、
徳川家康の側近つまり天海が「統治する(陰で操る)」という意味である。

鶴と亀が滑るのではなく「統べる」のである。ちなみに日光東照宮には鶴と亀の彫像がある。
さらにちなむと徳川家由来の寺を結ぶと六芒星の形になり、その中央に日光東照宮があるとも。

それを話すと長くなるのでまた別の機会に。

歌詞「夜明けのばんに鶴と亀がすべった」の部分は日光東照宮にある洞を指している。「夜明けのばん」は朝日のことで、鶴と亀は日光東照宮にある鶴と亀との銅像ことである。朝日に照らされて影の差す方向に徳川家康の墓があり、その裏に洞(ほこら)がある。

その洞には上部の三角形が欠けた六芒星が記されている。この印は下を指しており、洞の下に徳川埋蔵金が眠っているそうです。

無職のみなさん、一発大逆転いかがでしょうか。

カタカナとヘブライ語はそっくり!

さくらさくらに隠された意味

「さくら」をヘブライ語で解読してみると次のようになります。

「〈神が)隠れてしまった。
唯一の神が迫害を受け、耐え忍び、
死んで犠牲となり、
くじで引かれ,取り上げられてしまった。
素晴らしい神の計画である。
救い、その救いの捧げものが成就した。

ヘブライ大学前学長 シロニー教授の手によって
その正確性が確認されています。

現在でもユダヤ人は祈りの時に『旧約聖書』の言葉を収めた 「ヒラクティリー」と呼ばれる小さな小箱を額部分に付けるのだが、これは山伏が頭につける兜巾(ときん)と使用方法が酷似している

イエスは日本人みたいな顔だった?

案外そのへんで日向ぼっこしてそうである。

イギリス各紙は、「欧米で定着している、色白で面長で金髪碧眼(へきがん)のヨーロッパ人に近い従来のイエス像は、ルネサンス期以降に作られたイメージに過ぎなかったのかも知れない」と伝えている。

怒られないように追記しておく

古代ユダヤ人は金髪や黒人ではなく、黒髪・黒目の浅黒い肌(褐色)をした人種で、背が低かった。体格は日本人とそっくりであった。
更に、日本人とオリジナル・ユダヤ人(オリエンタル・ユダヤ人)の男性Y染色体の大きさが同じであることが、パリ大学の教授によって発見された。これは、他には見られない現象だという

海外の反応

1 2