1. まとめトップ
  2. 雑学

日本人はホントに匂いに敏感

会社でオッサンにクサッ!って言われた。頭のこと?

とりあえず朝のひとたくさんいる電車で酢こんぶはいくない。たばこくさいひととか、香水くさいひととまざってとんでもないことになる。

日本人は元来ニオイに敏感な民族である

日本人は、世界的に見て、体臭の薄い民族であるといえます。実際、他人にもわかるほど体臭がある人は10%もいません。

日本人は全体として、体臭が薄い民族ではありますが、だからこそ、汗や汚れによる軽い体臭にまで敏感で積極的に自分の身体のニオイを隠そうと努力

日本人は、早くから一般庶民の間で「身ぎれいにして、におわないこと」が美徳とされていた民族といえます。

江戸時代において既に銭湯や床屋が繁盛していたことからも分かります

平安時代の貴族の間では、衣服や髪に香を炊き込める(香の臭いを染み込ませる)「移り香」という風習が流行していました。

当時は、入浴の習慣も無く、女性は十二単(じゅうにひとえ)などの着物を着ていたのですから、貴族でも体臭はきつかったでしょうね。体臭を隠すために、香をたいたり、臭い袋を身につけていたわけです。

日本での”ニオイ”への拒絶

嫌なニオイに接したとき、日本人はそのニオイを取り除こうとするのに対して、外国人はさらに強いニオイで嫌なニオイを隠そうとする

部屋に置く芳香剤を見ても、売れ筋商品は無香タイプや微香タイプです。一方、海外ではかなりニオイの強烈なものが好まれます。

日本人がこれほどニオイを気にするようになったのは、世の中から「生活臭」が失われてきたから。

たとえば水洗トイレの普及により、トイレのニオイが消えました。同時に、ニオイを消すために置いていた防臭剤の強い刺激臭も、家庭からなくなりました。

日本は家の中も街も非常に清潔で、無臭なのが当たり前。少しの臭いがあると「不潔」と判断されるので、消臭剤などのグッズも非常に豊富です。

でもニオイに敏感なことはメリットも多い

においに敏感な人は他人の感情をかぎ分ける“嗅覚”にも優れている

日本人の相手の気持ちを思いやる気持ちに通ずる。

排卵中の女性は“男らしい”男性を匂いで嗅ぎ分けられる。

女性は排卵期になると、声が低くより男らしい男性に惹かれるようになるとの結果も出ている。これもすべて、子孫繁栄のために人間に古くから備わっている“動物の本能”の一部なのだ。

匂いが近いカップルで恋愛や結婚をすると、特に女性側の恋愛の満足度が低下します。

SEXの時にオーガズムを感じにくくなり、妊娠もしずらくなったり、妊娠しても流産しやすくなり、たとえ生まれても免疫力が弱い未熟児が生まれる可能性が高くなる傾向があったりする。本能的に自分とは違うニオイのパートナーを選ぶのです。

自分の体臭をチェックする方法

いつも嗅いでいる匂いは鼻が慣れてしまうのです。慣れてしまった鼻で匂いを確かめる方法は、違う匂いを嗅いで鼻をリフレッシュさせることが有効です。

お風呂から上がった直後、自分が身につけていた洋服をにおってみる。

お風呂では体を綺麗に洗いますし、浴室の水蒸気に含まれる水の分子によって、においの感覚がリセットされます。
リセットされた鼻で、自分が身につけていた洋服をにおうと、体臭がよく分かります。

1





人生のためになるかもしれないまとめをポツポツと上げて行きます。

このまとめに参加する