1. まとめトップ

寝すぎてしまうと起こりやすい【頭痛】その原因と改善法について

休みの日などで無すぎてしまう時に限って、朝起きると頭痛がするってことないですか?頭痛がしていると本当に憂鬱になりますよね。その原因と改善法を探ります。

更新日: 2013年04月27日

109 お気に入り 863569 view
お気に入り追加

頭痛について

頭痛(ずつう)とは、頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である

頭部の表面がピリピリと痛むものは頭痛に含まれません

日常的に起こる頭痛であれば安静にしていれば、 それほど長引くことはありませんが、突然の激しい頭痛など脳の病気からくると考えられるような場合には、 いち早く病院等を受診する

頭痛は命に関わるケースもあります

脳を包む髄膜(ずいまく)には知覚神経があって、脳圧の変化、脳の血管の拡張、炎症の発生などの刺激や圧迫に対して敏感に反応します。その結果、頭痛がおこってきます

頭痛は髄膜が引き起こします

なぜ、寝すぎで頭痛が引き起こされるのか

寝すぎると緊張が緩み、頭の血管が広がることで頭痛が起こるといわれています

副交感神経が亢進してしまいます

寝すぎると血行が悪くなるので、血管を緊張させる働きのある【セロトニン】という物質を脳内に大量に放出し、頭の中の血管が弛緩します。弛緩した血管は拡張し、それが周囲の感覚神経を刺激することで頭痛が起こる

血行が悪いのを体が回避しようとして起こる反応です

「寝過ぎると血管が拡張するので、片頭痛の人は、起きたときに『頭が痛い』ということがよくあります

血管が緩むという事が原因になります

起きた後の頭痛改善法

冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます

温めるのは逆効果です

こめかみのマッサージや背筋をグーンと伸ばすストレッチを行う

とにかく血行を良くする事を行います

カフェインは血管を収縮させる作用があるので、片頭痛がするときは、ひと休みしてコーヒーや紅茶、濃い緑茶などを飲むと楽になることがあります

カフェインを上手に使いましょう

時間がたてば解消されるものですので、そのうち消えるという軽い気持ちで放っておくというのもひとつの対処法です

軽い気持ちで対処しましょう

普段の生活でのアドバイス

あまり寝過ぎないようにするということです。当たり前だと思われるかもしれませんが、予防策としては確実な方法です。

一番確実な方法です

ストレスをためないで規則正しい生活を心がけることが大切です。

あまり極端な生活を送らない事です

睡眠不足、ドカ寝のサイクルをやめ、きちっと寝る、ストレスをためない、赤ワイン、チョコレートなどをあまり摂らない、などが予防法として挙げられました

大切なのはどうすれば気持ち良く生きて行けるかです

寝すぎてしまう原因とは

うつ病の疑いがあり。布団から出ないことで現実から逃避して、自分を守ろうとする本能が働くわけですね。

うつ病だと、寝つきが悪いというのも原因の一つです

眠る環境が悪く熟睡出来ていない

熟睡出来ていないと当然朝スッキリと目が覚めません

過眠症は脳障害や、うつ病、尿毒症、線維筋痛症などにより引き起こされる。また、過眠症はナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群などの病の可能性がある

あまりひどい場合は病院を受診するようにしましょう

実は睡眠不足なのに、平日は緊張していて睡眠不足を自覚していないことがあります。

普段、睡眠が足りていない可能性があります

イビキがひどかったり、目覚めたときに口が渇いていたりするのなら、睡眠時無呼吸症候群のような睡眠障害かもしれません

改善が必要です。少しダイエットするなどして気道を広げてあげましょう

1





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する