1. まとめトップ

まるでいじめ!生徒に暴言吐き続けた小学校女性教諭がひどすぎる

東京・調布市の市立小学校の50代女性教諭が、受け持っていた児童への「暴言」を理由に担任を外されていたことがあきらかに。「ウソつき」「泥棒」「邪魔」などもはやいじめとも言える女性教諭のひとすぎる暴言についてまとめました。

更新日: 2013年04月24日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 60061 view
お気に入り追加

東京・調布市の市立小学校の50代女性教諭が、暴言で勤務を外される

東京都調布市立小学校の50代の女性教諭が昨年、担任していた2年生の学級で、複数の児童へのいじめを誘発するような言動

市教委は「人権侵害に当たる暴言や中傷、いじめを誘発するような発言があった」と判断

教諭がいじめを助長するかのような、とんでもない暴言

保護者からの知らせを受けた学校、市教委などは女性教諭を担任、そして学校勤務から外した

「ウソつき」「泥棒」「邪魔」…女性教諭のとんでもない暴言の数々

「Aさん、(給食を)1人前もらうのやめてくれるぅ? Aさんの少なくしてくれるぅ? いつも迷惑だから……ねえ、みんな!」

およそ先生とは思えない暴言の数々

「やっぱりね、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。おまけにねえ、遅いくせに下手だわ」

「動物じゃないんだから、言葉で質問されたら言葉で返そうよ。反応が遅いのはだめだよ。人間やめて下さいと一緒だよ」

「早く拭けよ! 早く! 拭けよ! 早く拭け! 遅い動きが」

もはや指導を越えて、いじめとしか取れない発言

「嫌われちゃうよ、みんなに。わかってる? どこの王子様だよ、ほんと嫌な感じ」

「あーあ、バカたちだよね。先生は、聞き間違いとか、聞き逃しが一番嫌だって言ってるでしょ! 何で繰り返すの! 早く食べなさいよ! 給食! 迷惑なんだから。早くいなくなって! 邪魔だから」

当初校長は暴言を否定、保護者がICレコーダーで録音して初めて発覚していた女性教諭の言動

調布市教育委員会によると、この教師はキャリア20年というベテランで、周囲からは厳しい指導で厚い信頼が寄せられていた

昨年4月から2年生に変わったが、子どもの異変に気付いた保護者が校長に相談したが、授業の様子を見た校長は問題ないとして不問

レコーダーで録音しようやく発覚した不祥事

子どもが登校したがらないのを不審に思った保護者が、子どもにボイスレコーダーを持たせて、授業の様子を録音

こうした状況にも関わらず都教委は処分に当たらないと判断、教諭は今も現場復帰せず

報告を受けた都教委は、3月末、懲戒処分にはあたらないが、市教委が指導するようにとの判断

教師の任命権を持つ都教委が調査していたが、暴言による処分は前例がないという理由で「懲戒処分には当たらない」という結論

東京都教育委員会は、各区市町村教委や都立高に「人権に配慮した教育」を徹底するよう通知した

都教委は処分に当たらないとの判断も、保護者からは強い反発

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。