1. まとめトップ

「家族ゲーム」主演の嵐・櫻井翔 俳優業のライバルは二宮和也と松田優作?

ドラマリメークの「家族ゲーム」が放送されてますが、このドラマの真のライバルは裏番組でもなく、視聴率でもなく、あの人なんでしょうか。

更新日: 2013年04月25日

4 お気に入り 30439 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

速報 視聴率が上がったようです。

【家族ゲーム視聴率】 ■第1話 12.0% ■第2話 13.7%

家族ゲームおもろいっ!!!こうゆうの好き( ꒪౪꒪)ฅ✧嵐とか気にならんレベル!

家族ゲーム視聴率上がったのね!初回から下がるのが多い中、これは嬉しい

家族ゲーム面白い、いじめのシーンは凄惨だけど底んところにNever Give Upというメッセージがある 桜井君の演技はこれまでのキャラとの違和感があって気になってしょうがないけどそこも含めて楽しめる  

嵐・櫻井翔が主演するドラマ『家族ゲーム』の初回が、17日、30分拡大版で放送されました。

吉本が担当する落ちこぼれ中学3年生役を演じているのは、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2012年、テレビ朝日系)で好演した子役の浦上晟周、
沼田家の父親役を板尾創路、
母親役を鈴木保奈美、
エリート高校生の長男役を神木隆之介が演じています。

櫻井が演じるのは、「東大合格率100%」を謳う“自称・天才家庭教師”の吉本荒野(こうや)。
引きこもりの次男を中心に、さまざまな問題を抱える沼田家と契約し、彼を登校させ、名門進学校に合格させることを約束します。
しかし、その方法は一般的な家庭教師とはまったく異なる、常軌を逸したものでした。

このドラマはリメイクです。

『家族ゲーム』は、これまでも何度か映像化されています。

1982年、テレビ朝日で2時間ドラマとしてはじめて映像化された。後に松田優作主演の映画、長渕剛主演の連続テレビドラマで有名になった。

リニューアル作品の宿命ともいえるのが、過去の作品との比較。

松田優作主演の映画(森田芳光監督作、1983年公開)は多くの視聴者に強い印象を残したようで

「松田優作のイメージが強いから櫻井翔じゃなあ……」
「昔のと頭の中で比べてしまう」
「(松田優作の息子である)松田龍平か翔太が演じればよかったのに」
といった意見が少なくありません。

前にあったドラマでも比較

一方で、旧作を知らない視聴者の一部は、2011年に放送された連続ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)と比較。

問題を抱える家庭に型破りの人間が入り込み、常識とはかけ離れた方法で問題を解決するという設定は『家族ゲーム』とそっくりです。
順番から言えば、むしろ『家政婦のミタ』が『家族ゲーム』に似てしまっているのですが……。

「家政婦のミタの男バージョン」「完全にミタの猿真似」と評している人もいました。

1 2 3