1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

1つのアイテムで差をつける、オシャレなスーツの着こなし

みんな同じに見えるスーツも、1アイテムプラスするだけでおしゃれに。もっとスーツでオシャレしたい!という人の参考になれば幸いです。

更新日: 2013年04月24日

562 お気に入り 79475 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

educatorさん

ベルト

「ベルトと靴は革の素材を合わせるのが基本」黒カーフの靴には黒カーフのベルト、茶靴には茶といった具合。

ベルトと鞄、ベルトと時計のベルトを合わせる高度なコーディネイトも見られます。

何色を合わせればいいか不安な人は靴の色と合わせるのが無難。周りと差をつけたいあなたは、鞄や時計のベルトに合わせるテクニックで差をつけましょう。

ニットタイ

ニットタイは、スーツでもジャケットでも上着を選ばず合わせやすいため、1本あると重宝します。

これからの暖かい季節には涼しげに見えるウールネクタイを合わせるのも◎

靴ひも

個人的なオススメは、ネイビー系。茶靴にも黒靴にも合ううえ、ビジネススタイルにも合わせてもさりげなくてなかなか洒落ています。

あまり目立ちすぎる色は会社で注意されてしまうかもしれませんが、黒い靴に茶色など落ち着いた色であれば問題なし。

ポケットチーフ

普段スーツにネクタイ姿の時、ネクタイの色とバランスのとれる色のポケットチーフを選びます。

ネクタイの一色にある色がポケットチーフの柄の中にある事、スーツの色の濃度とのバランス。

ネクタイの色に合わせて選ぶとしっくりきます。素材はシルクよりもリネンがフォーマル。

ホーズ

いつもはグレイや黒のホーズですが、たまにはちょっと派手なものを履いてみては。ただし、履いていいのは2色使いまで。

出典zozo.jp

さし色、差し柄をホーズで入れる。気がつく人は気がつく、さりげないオシャレです。

カフス

お勧めはゴム紐でできた「ノットカフス」だ。他の素材のものに比べ一回り小さく目立たないので、初心者でも気負い無く付けられる

単色だけでなく2色・3色使いのものも多いので、例えばネクタイと同じ色で揃えてゆけば、いとも簡単に身だしなみをアップグレードできる。

値段もお手頃なので、いくつか種類をそろえれば簡単にオシャレな着こなしが完成!

5円玉でズボンを綺麗にみせる

最近のパンツは4cm~4.5cmの折り返しを付けることが多く、その重みでパンツの折り目線が綺麗に見えるという効果が。

その折り返し部分に5円玉を入れてさらに下へ引っ張る。そうすると折り目線がより美しく見えます。

お金をかけずアイディアでオシャレにみせる。これはすぐ出来るのでマネしたいですね。

1