「いよいよ首を斬る刹那の松陰の態度は、実にあっぱれなものであった。悠々として歩き運んできて、役人どもに一揖(いちゆう)し、“御苦労様”と言って端座した。その一糸乱れざる堂々たる態度は、幕吏も深く感嘆した」

出典吉田松陰の最期(吉田松陰.com)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

幕末の奇人・吉田松陰から学ぶ「狂うことの大切さ」

有名な吉田松陰の「諸君、狂いたまえ」という言葉を知っているでしょうか。狂う、とは一体どういうことなのか。そこには現状を打破し突き進むためのヒントが隠されていました。

このまとめを見る