自分を「狂愚」と捉える考え方は、社会に対する絶望の表現である。社会をどんなに批判しても社会は、馬耳東風で動こうとしない。逆に、頭がおかしいと扱われる。

出典草食系の若者と吉田松陰 | 雁屋哲の今日もまた

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

幕末の奇人・吉田松陰から学ぶ「狂うことの大切さ」

有名な吉田松陰の「諸君、狂いたまえ」という言葉を知っているでしょうか。狂う、とは一体どういうことなのか。そこには現状を打破し突き進むためのヒントが隠されていました。

このまとめを見る