1. まとめトップ
  2. ガールズ

「治ってまたできた」をなくす!ニキビに強い体質になる5つのルール!

「治ってまたできた」をなくす!ニキビに強い体質になる5つのルール!

更新日: 2013年04月25日

ma-komeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1480 お気に入り 312436 view
お気に入り追加

治ってもまたできるしつこいニキビ・・・

ニキビ治ってもまたすぐ出てくるヽ(;▽;)ノ皮膚科行ってこよ...

またニキビ出だした(╥ω╥`) 明日から野菜食べよ

スキンケアをしっかりしても治らないという方は「体質」を意識!

ニキビの原因として、ニキビができやすい体質が遺伝している場合がある。

元々ニキビのできやすい人がいる・・・。

親にニキビの跡があれば、その子供にも同じところにニキビができるというのは、数多くの報告がある。

「体質は持って生まれたもので、変えることはできないという印象がありますが、絶対に変えられないものではない」

西麻布ヒフ・形成外科 寺瀬佳苗先生。

ニキビに強い体質になる5つのルール!

【1】食事習慣を見直して、内側から改善!

いろいろなものを食べて、栄養の偏りがないようにする。

食事で摂取する栄養バランスがとれていないと、各栄養素の吸収効率が悪くなってしまう。せっかくサプリメントを飲んでいても吸収が悪ければ意味がない・・・

1日3食をきちんと食べることが理想的。

朝食抜きが、一番のニキビの大敵。朝を抜くと言う事は、体は2食でエネルギーを補給するということ。これが過剰に脂質を吸収する原因となり、皮脂の分泌が多くなる。

腹八分目の分量を良く噛んで食べ、胃腸への負担を軽くする。

胃腸の働きが低下すると、お肌の再生に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養素がうまく体に吸収されなくなってしまう。

【2】ストレスをマネジメントする!

ストレスにうまく対処するには、ストレスに対して受身になるのではなく、自分から積極的にコントロールしていこうという姿勢がポイント。

自分が何に対してストレスを感じているのか?を考える。

何となくイライラするという状態が一番危ない。日記を書いたり、友達に愚痴ったり、そこからストレスの正体を見極めることがストレスに強くなる第一歩。

物事の良い面に意識を向ける。

これが難しいという方は、考えないような環境を作ってしまうのも一つの手。心が晴れ晴れするような本や映画を見る等。

適度に甘え、他人に頼る。

なんでも自分がこなそうとする人は、人一倍ストレスを背負いやすいので注意。

ストレスのタネに対する自分の考え方を広げる。

例えば、いつも嫌みを言う上司のことをただ嫌うのではなく、「上司も忙しくてイライラしているのかもしれない」と発想を転換してみる。そうして自分の態度が変わると、上司も少しずつ変化し、人間関係が良好に。

【3】睡眠の質を高め、肌の免疫力を高める!

皮膚の生成には成長ホルモンが強く関わっていますが、その成長ホルモンがたくさん分泌されるのが睡眠中。

そのため、睡眠をしっかりとらないと、古い皮膚や皮脂などが残り、ニキビを引き起こす原因になる。

夜10時~深夜2時までのゴールデンタイムを逃さない。

この時間に眠っていることが、どんなに高価な化粧品を使うよりも肌に良いと言われている。

決められた時間を決めて時間通りに寝る。

寝る時間がバラバラだと体内時計が狂い、体に不調が。ニキビになりやすい肌に。

寝る3時間前までに夕食を済ませる。

ダイエット効果もあり一石二鳥です。

【4】冷めずらい体を作る!

1 2





ma-komeさん

事件、災害、鉄道などの速報系がメインです。たまにゆっくりと健康・映画ネタなどもまとめています。これからは大好きなディズニーネタを増やしていこうと思っています。よろしくお願いします。