1. まとめトップ
  2. 雑学

婚活で失敗しないために【嫌われる男女はコレ】

婚活における失敗する人の特徴について考えてみたいと思います今からでも直しておきましょう。これらを読んで頂いて、少しでも皆様の婚活成功者になる為のヒント・お力になれば幸いです。

更新日: 2017年09月22日

364 お気に入り 146184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

なぜ失敗するのか?何がいけなかったのか?(男女共通編)

では具体的にご説明いたします

他人と比較しすぎる

全てにおいて完璧な相手を求めがちなので婚活に失敗しやすいタイプです。友人・知人と自分を比較してしまう傾向があるため、紹介された相手の些細な欠点が気になって結婚できないタイプです。

このタイプは条件に優先順位をつけ、優先順位の低い条件については多少のことは目をつぶる覚悟が必要です。

自分がダメだと思っている人

自分はダメだ、ダメだと思っていると、本当にダメになってしまう。
失敗すると自ら宣言している人に、喜んでついてくる人はいない。

異性に対して理想を求めすぎ

自分に対して自意識過剰になっていると、婚活の失敗につながりやすくなります。最終的には自分から積極的に活動しないと結婚に辿りつくことは出来ません。

自分では一生懸命婚活に取り組んでいるつもりでも、空回りしてしまっているケースもよくあります。

相手のターゲットが明確でない

優柔不断なところです。どんな人に会ってもピンとこないので、いつまで経っても婚活を続けてしまいがち。このタイプの人はいい人には違いないのですが、受身であることが多いため、よほど相手に気に入られないとうまくいきません。

デリカシーの無い言葉や態度で相手を傷つけてる事に気付かない。

(自己中心的)

すぐに諦める人

成功体験がないからか、本来的な性格なのか、諦めグセがついている人がいる。
物事の成果は簡単には出てこないし、時間がかかる事も多い。

「今までの断った女性は見る目がないな。逃した魚は大きいぞ!」くらいに思って挫折する

ことなく目的を達成するまで頑張る。

上から目線

上から目線の態度は知らず知らずのうちに相手に伝わっているものです。また「婚活しに来る人はどうせモテない人ばかり」と、自分の事を棚に上げているのもこのタイプの特徴で、過去のモテ体験が忘れられず、自分が婚活すれば相手なんてすぐ見つかるぐらいのつもりでいます。このタイプも妥協ができないため相手に完璧を求めすぎて婚活に失敗しがちです。

昔話(過去の出会いや恋愛、お相手の話など)を延々とする。

(空気を読めない)

何がいけなかったのか?(女子編)

女を捨てた女

女性らしい振る舞いや言動を忘れ・・というか、それが格好いいと履き違えている女。。

※イメージ画像です

わたし、家事全般が全くできないんです~。

ここでは「家事全般に、あまり自信はありませんが、一生懸命頑張ります!」くらい言っておきましょう。

うるさい女

明るくて人気者なのという女性と履き違えベラベラしゃべる女。。

※イメージ画像です

毛の処理が甘い女

男性はよく見ています。1本の毛で恋を逃すことも……。ワキ、腕、脚はきちんとやっている方が多いと思いますが、指毛、背中、腹、鼻の下など細かいところもしっかり見られていますので、「ここぞ!」という勝負の時は全身の毛チェックをお忘れなく!

“絶対”○○して欲しい。(したい)

「この女性は僕と結婚したいのではなく、誰とでも良いから早く結婚がしたい人」なのだと。焦りは、みっともないだけでなく、女性の価値をも下げてしまいます。結婚に対して、はやる気持ちもわかりますが、時期尚早だと失敗を生みます。要望は、時期を見て小出しにしていくことが大切です。

笑い方が汚い女

無邪気な笑いと下品な笑いは違います。「ギャハハハ」が汚い笑い方と判断されるようです。それから「ギャハハハ」と言いながら手を叩くのはさらに引かれるようですね。

大きい声で笑うということに対して嫌がる声はほとんどありませんでしたが、「ギャハハハ」という笑い声は下品だとかなり評判がわるいようです。

気配りができない女

男の身勝手さもありますが、やはり空気が読めない・気がつかない女は嫌われますね。

何がいけなかったのか?(男子編)

不潔な男

これは当然の結果ですね。髪の毛がボサボサや服がしわくちゃなどもこちらに該当します。

※イメージ画像です

白か黒でしか物事を判断できず、許容範囲が狭い。

(器が小さい)

潔癖症で神経質

何事にも神経質で潔癖症の男性とは一緒にいても疲れます。
たまに会う程度ならまだいいですが、毎日一緒に生活するとなると厳しい、と思う女性が多いようです。

※イメージ画像です

1 2