1. まとめトップ

【リアルオリバ】刑務所で麻薬に密売、刑務官4人を妊娠させた男

米国のギャングのメンバーが、メリーランド州ボルティモアの刑務所に収監されながらほぼ自由に活動していたとして、連邦捜査局(FBI)などは23日、服役中のメンバーや刑務官ら計25人を麻薬の密売やマネーロンダリングの罪で起訴したと発表した。

更新日: 2013年04月26日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 53548 view
お気に入り追加

アメリカ、ボルティモアの刑務所

米国のギャングのメンバーが、メリーランド州ボルティモアの刑務所に収監されながらほぼ自由に活動していたとして、連邦捜査局(FBI)などは23日、服役中のメンバーや刑務官ら計25人を麻薬の密売やマネーロンダリングの罪で起訴したと発表した。

起訴された13人の刑務官はいずれも女性で、ギャングの幹部はこのうち4人を妊娠させていたという!

メンバーは刑務官との性的関係も利用した。
タボン容疑者は4人を妊娠させ、うち2人は容疑者の名前の入れ墨があった。
一方、刑務官たちはダイヤの指輪をもらったり、高級車を提供されたりしたという。

一体このギャング何者?

起訴状などによると、ギャングはボルティモアなどで麻薬密売などを行っている「ブラック・ゲリラ・ファミリー」。幹部のタボン・ホワイト容疑者(36)は殺人未遂容疑で09年から刑務所に収監されていたが、刑務官を使って携帯電話や麻薬を施設内に持ち込み、ほぼ自由に活動。

ブラック・ゲリラ・ファミリー(Black Guerilla Family)、略称BGFは、1966年にアメリカ合衆国カリフォルニア州のサン・クエンティン州立刑務所においてジョージ・ジャクソンら囚人によって結成されたギャング。現在2000人ほどのメンバーがいる。

こちらが幹部の「タボン・ホワイト容疑者(36)」

電話では「ここは俺の刑務所だ。すべては俺が決める」などと語っていたという。

漫画の話でないからスゴい、、、

オリバは実在した→>刑務官を使って携帯電話や麻薬を施設内に持ち込み、ほぼ自由に活動。電話では「ここは俺の刑務所だ。すべては俺が決める」などと語っていたという。 / 塀の中でも勝手な面々 刑務官妊娠させ、麻薬も 米国 - t.asahi.com/am44

刑務所で女性刑務官13人を手なずけ4人妊娠、麻薬持ち込みも 米国 gahalog.2chblog.jp/archives/52188… おいおいオリバか

オリバかよ:刑務所で女性刑務官13人を手なずけ4人妊娠、麻薬持ち込みも 米国 gahalog.2chblog.jp/archives/52188…

ちなみにオリバとは

漫画作品『グラップラー刃牙』シリーズに登場する架空の人物。

『アリゾナ州立刑務所(別名・ブラックペンタゴン)』に収監された囚人でありながら同刑務所を自由に出入りし、犯罪者を捕獲する特殊な立場にある。

刑務所内では彼のために特設された豪華なスイートルーム暮らしを満喫しているだけでなく、恋人マリアとの同棲、私服の着用や喫煙(葉巻を愛飲)、食事の中身も食前酒から食後のデザートまで贅を尽くしたものである。

「私以上の自由は許さない」

1





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。



  • 話題の動画をまとめよう