1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sanvermtoさん

10位 アボカド

アボカドを野菜だと思っている方も多いかもしれませんが実は「睾丸と呼ばれる精力増強フルーツ」

アボカドの実はビタミンEを多く含んでいて成人男子が1日に必要とする摂取量10mgをたった1個半で補う事ができる優れものなのです。
このビタミンEには、脳内の血行を改善して活動を活発化させる事で男性ホルモンの分泌を促し、生殖機能の改善や精力増強などの効果が期待されています。

9位 オクラ

8位 ショウガ

ショウガにはジンゲロールという成分が含まれています。
これが、精力改善に非常に重要な役割を果たします。
このジンゲロールという成分は、血行をよくする働きがあり、体の温度を温め、血の流れを活性化させます。
その結果、血液の循環などがよくなり精力改善につながります。

7位 カキ

海のミルクとも呼ばれる「牡蠣」には、精力回復に効果的な成分が豊富含まれています。
牡蠣の精力効果と言えば「亜鉛」です。
食材の中でも最も亜鉛を含んでいると言われているのです。


亜鉛もまた精力効果に優れた成分であり「性のミネラル」というネーミングがあるほどです。
それほど、男性にとっても、女性にとっても精力効果があり、日本に出回る精力剤のほとんどに亜鉛成分は配合されています。

海のミルクとも呼ばれるほどの牡蠣ですから、カルシウムも多く含んでいます。カルシウムが不足するとイライラしやすくなると言われており、牡蠣には精神安定の効果あり、ストレスによる精力減退の解決にも繋がるのです。
ちなみに、日本の若い男性の勃起不全(ED)のほとんどがストレスが原因なのですよ!


また、牡蠣にはマグネシウムも多く含んでいます。
イライラを抑える成分はカルシウムだけではありません。マグネシウムもその一つであり、その精力効果はカルシウム以上なのです。マグネシウムは勃起不全では、致命傷と言われている神経系の働きを良くすることから、男性の興奮や精力を男性性器に伝えやすくするという効果もあるのです。

6位 ゴマ

最近注目されているごまですが、滋養強壮や精力増進にも効果がある
ことは、漢方の世界以外ではあまり知られていません。
ごまには疲労回復効果があるといわれるビタミンB群、強い抗酸化
力で老化を予防してくれるセサミン、血行をよくする鉄分、亜鉛
などのミネラルが含まれ、いつもエネルギッシュに活動したい人に
はピッタリかも知れません。

また精力減退の大きな原因のひとつとして下半身の血行不良があげ
られますが、ごまには善玉脂肪酸(不飽和脂肪酸)であるリノール
酸やオレイン酸が含まれており、血液をサラサラにし血行を促進
する効果があるとされています。

5位 ニラ

アリシンは、ニラやニンニクの臭い成分でもありますが、強い殺菌作用もあり、ウイルスや細菌から体を守る作用が期待できます。そして、ビタミンB1吸収を助けて働きを促進し、糖質を効率よくエネルギーに変えて、滋養強壮・疲労回復の効果が期待できるとされています。ニラがニンニクに匹敵するほどの精力野菜といわれる由縁です。



ニラの成分として、アリシン以外にも、ステロイドサポニン、ジメチルスルフィド、ジアリルスルフィド、アリルメチルスルフィド、パラクマルチラミン、フェノールエーテルなどが含まれています。



そのほかにも、βカロテンやカルシウム以外にもビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE、ビタミンKや、カリウム・リン・鉄・マグネシウムなどのミネラルの他、食物繊維などの栄養成分も含んでいます。



ニラがこれらを含むことで、滋養強壮や強精をはじめとして、抗酸化力や解毒効果を期待できるなどで、様々な効果・効能があるとされていて、健胃、下痢、頻尿、整腸、冷え性などにも効果があるといわれています。

4位 納豆

3位 ウナギ

絶倫食の代名詞でもあるウナギ。ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、亜鉛など、精力増進に効果があるといわれる栄養成分をふんだんに含んでいる

2位 山芋

1位 ニンニク

にんにくと言いますと、元気になるとか、精力増進といったイメージが強いのではないでしょうか。にんにくに含まれる亜鉛は、性欲や性機能と深い関係にあります。亜鉛が不足しますと、性欲が落ちる、睾丸が萎縮する、精子の生産が減ったり発育しない、インポテンツ、前立腺肥大といった性機能にまつわるあらゆる障害を引き起こすと考えられています。また、アリシンも女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があります。これは、更年期障害に効果が期待できると言われていますが、閉経後の女性がにんにくを摂り、再び生理が始まったという事例もあるようです。

1