1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

bluemoon999さん

”2013年4月16日、21人の女性タレントが「写真を無断で掲載された」と提訴していた訴訟で、東京地裁は訴えを認め被告の笠倉出版社(東京)に約700万円の支払いを命じた。

◆ ここで認められた権利は「パブリシティー権」

「パブリシティー権」とは、タレント等の有名人の氏名・肖像を財産的に利用する権利です

「パブリシティー権」と「肖像権」の違いは、主に著名人であるかどうかの違い

◆ 「肖像権」について知っておくべきこと

「肖像権」は「パブリシティー権」を含む全ての人に適応される権利

「肖像権侵害」は身近に存在します
小学生にも赤ちゃんにも・・・

◆ 身近な「肖像権侵害」の法律

通っていた英会話の学校が無断で顔写真をパンフレットとホームページに掲載、学校に対し慰藉料を請求できるか?

趣味のホームページに、出先でTVに生出演していた有名タレントと記念写真をとってもらったが、その写真をホームページに掲載するのは「肖像権の侵害」にあたるのか?

◆ 「プライバシー権」とは?

「プラバシー権」  憲法で保障された国民の基本的権利

◆ 参考情報 ◆

#art RT @KazumichiH 神戸大学発行の『美学芸術学論集』第9号がネット上で公開されました。拙論「イメージの権利 : 19世紀フランスにおける写真の著作権・肖像権」も収録されています。よろしければお目汚しのほどを。lib.kobe-u.ac.jp/infolib/meta_p…

写真の無断撮影による、肖像権はどのように扱われるべきなのか? 考えさせられる良記事。 / 電車内での無断撮影で発覚!! 肖像権を守れ! - トゥギャッチ togech.jp/2013/03/10/520

あーーっ!肖像権やらパブリシティー権やら著作権やらいろいろ考えたら何もつぶやけないし、表現の自由はどうなんだ!とかいろいろ考えてるとツイッター辞めようかと思う。

1