1. まとめトップ

格安で旅に出れる交通手段・・「夜行バス」のメリット・デメリット

夜行バスのメリット・デメリットについてまとめてみた

更新日: 2013年04月29日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 38599 view
お気に入り追加

■安価で遠出ができる移動手段「夜行バス」

夜行バスは別名、夜行高速バスや深夜バスといわれています。

夜行バスとは夕方から夜間に出発し、目的地に到着するのは翌朝から翌日の午前中です。つまり、夜間に走行するバスということですね。

深夜の移動手段の一つ

電車の終電後に運行される路線バスで、ほぼ鉄道路線と並行に運行される深夜の足。

鉄道・航空等競合する公共交通機関と比較し、「時間はかかるが運賃・料金が安い」交通機関として、若年層を中心に今日では多く利用されている。

■長距離を走る夜行バスもある

一般道だけを走る路線バスとは異なり、そのほとんどが数百km離れた地域を走り、東京~福岡間の1,100km以上を走るものもあります。

長距離の場合は複数の運転手が交代制で運転を行なっている。

■夜行バスにもゆったりしたスペースを提供する会社もある

夜行バスには「ゆったり座席」タイプのバスもあります。飛行機のファーストクラスのように足を伸ばせて、隣の席とも離れているタイプのバスもありますし、決して窮屈だとはいえません。

要、調べが必要ということです

画像はイメージです

あくまでイメージなのでご了承ください

■メリットとしては

主なところで「運賃が安い」「快適に乗車できる」「家の近くから乗れる(確率が高い)・都心まで直行できる」「時間を効率的に使える」といったことがあげられます。

1、運賃が安い

東京から盛岡、秋田、山形、仙台、名古屋も新幹線の片道分前後のお金で往復できます。

2、快適に乗車できる

事前に座席の位置を指定し、枚数を限定して乗車券を販売する「座席指定制」や、乗車券の販売に制限は設けておらず、乗車時に限って人数制限を行う「座席定員制」を採用している所が多い。

3、家の近くから乗れる(場所による)

夜行バスと提携している駅近くに住んでる方は直ぐに活用できる

■デメリット

最大のデメリットとしては渋滞にまきこまれる可能性が大きくあるということであろう。

1、神経質な方は寝付けない

寝つきも良い方も環境がかわれば神経質気味になり寝付けない方が多いそうです。

元々神経質気質の方は更に酷くなるみたいです

1 2





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。