1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【ニードル・羊毛フェルト】素敵すぎる光浦靖子の手芸センス【ブローチ】

TVでは恋愛などに対するネガティブ発言連発の光浦靖子さん。プライベートでは手芸好きとして知られていますが、そんな光浦さんの作るブローチの色使いがとってもポジティブで可愛いんです。見てるだけで楽しくなる。そんな光浦さんのブローチ作品をまとめてみました。

更新日: 2019年02月21日

251 お気に入り 941998 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■光浦さんはブッス手芸部の部長

「押忍!手芸部」に憧れて、 手先の器用な人たちを集めたら、偶然、ブスばかりでした。” 部長:光浦靖子と、モリ夫( モリマン)、quimcho、bucco、とみこはんの計5人の手芸集団。

ツイッター
https://twitter.com/bussu_shugeibu

■実は本も出している

「手芸の新しいカリスマ、狙います!」

趣味を超えたクオリティの手芸作品を作り続ける光浦靖子。テレビなどでもその作品を発表し、タレント仲間にも作品をプレゼントしていたりと、芸能界のみならず、いまや一般的にも「光浦の手芸好き」は有名。光浦靖子という芸人のキャラクターも反映し、過剰なロマンティックさとキモ可愛さを兼ね備えた異色の手芸本

■昨夏、出版記念に開催された展覧会の模様

私もこの展覧会の名古屋会場に行ってきましたが
見ているだけで癒される作品ばかりで本当に素敵でした。

■作品はこうやって作る

・基本的な材料と道具

フェルトニードルと呼ばれるかえしのついた針で
ひたすら羊毛をチクチク刺して形を整えて行くという結構地味な作業です。

集中し過ぎると肩がこります。

・羊毛フェルトで作る簡単なお花のブローチ

出典ameblo.jp

作業に集中する光浦さん

■可愛いを通り越して愛しくなる作品の数々

羊毛だけでなくリボンやボタン、スパンコールなど
色んな素材を組み合わせて作るブローチがとても素敵です。

■手芸本『男子がもらって困るブローチ集』に続く、待望の2作目

【光浦靖子、手芸本第二弾・1/18発売】光浦靖子さんの初の手芸本『男子がもらって困るブローチ集』に続く、待望の2冊目「子供がもらって、そうでもないブローチ集」の商品ページを更新しました!bit.ly/1k70mij  pic.twitter.com/TcqcQTL90m

1 2