ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。

あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…

理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。

それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…
そう、教室にいた分だけの白骨死体と、余り物が完成するわけである。

生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、
歯形から確認できる限り全員分の身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。

ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。

遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…

近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。

「なんだ、数が合っているじゃないか!」

翌日は、予報どおりの雨であった。





【解説】
この話には諸説があります。

1つ目の説はテルテル坊主(人間の子供)が吊るしてありその日は快晴だった。
しかし、爆発にテルテル坊主が巻き込まれ死体が1つ増えた。
テルテル坊主(人間の子供)がなくなり次の日は雨になった。

2つ目の説は教師は女性でお腹に赤ちゃんがいた。

3つ目の説は人体模型が模型ではなく本物の人間を使っていた。

前へ 次へ