1. まとめトップ

iMacにWindows8インストールを失敗した(Boot Camp失敗)

Boot Camp5を利用して、iMacにWindows8をマルチブートさせようとした際に、失敗した事柄をまとめ。

更新日: 2013年05月01日

oregonsanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 62747 view
お気に入り追加

最終的にiMacにWindows8をインストールできたんだけど、5回ほどやり直した。
その時の事例を書き残しておきます。
BootCampマニュアル読んでないためのミスであったり、そもそもMacわかってなかったり、そもそもパソコン詳しくないっていう理由などで、原因追及ができない事例もあります。あくまで参考に。

●iMacにWindows8をインストールする手順(成功事例はこちら)
http://matome.naver.jp/odai/2136708359290686201
●iMacにWindows8インストールを失敗してヤケになった人の事例
http://matome.naver.jp/odai/2136710326192743801

失敗事例その1

失敗事例
Windows8インストール画面で、Boot Campパーティションがフォーマットできない。

状況
単純にWindows8のDVDの中身を全選択してUSBにコピーした。それを使ってBoot Camp開始したら失敗。

推測
コピーの仕方が悪く漏れがあったのか、そもそもISOイメージにするしか受け付けないのか、今となってはわからない。

この時、出てきたダイアログの内容

このディスクにwindowsをインストールできません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。
EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます。
このハードディスク領域にWindwosをインストールすることはできません。

⇒ISOデータを作って、最初からやりなおす。
http://matome.naver.jp/odai/2136708359290686201/2136709482591975903

失敗事例その2

失敗事例
Boot CampでWindows起動用メディアとして選択できない。

状況
USBをNTFSフォーマットにしていた。

推測
FAT32フォーマットにしたら問題なし。っていうか、FAT32にしろってマニュアルに書いてあったのを、後から知った。

失敗事例その3

失敗事例
Boot Campパーティション作成後、自動的に再起動になるが、その後の画面が黒い。
(No bootable devise )
(Remove disks or other media.)

状況
私がぼさっと眺めていたところ、Windowsのプロンプトみたいな画面が出てきた。焦った。

Boot Campパーティション作成後、自動的に再起動になるが、起動音がしたらすぐOptionキーを押しっぱなしにする。

すると、選択画面が出てくるから、次に進める。

失敗事例その4(失敗じゃないけど)

失敗事例その3の続きになるが、オプションキーを押して起動すると、ドライブ選択画面が表示される。

USBを2個使って(iMacにUSBを2個刺して)いるので、ドライブアイコンが4個も表示されてる。。

とりあえず、EFI Bootって書いてあるやつね。

失敗事例その5

失敗事例
Windows8のインストール中に、BootCampパーティションをフォーマットしたら、普通のパーティションになってしまった。しかも、このパーティションにはwin8はインストールできない、と表示される。

状況
ミスした自覚は全くなし。成功事例と同じ手順で操作していた時に起こったと私自身は思っている。
※成功事例のページ
http://matome.naver.jp/odai/2136708359290686201

対応
もう一度、最初からやり直した。


※最初からやり直して、上記画面(windowsのインストール中のフォーマット画面)でしばらく20分ほど待った。そしたらできた、なんでかしらん。とにかくあきらめなくて良かった。

●iMacにWindows8をインストールする手順(成功事例はこちら)
http://matome.naver.jp/odai/2136708359290686201
●iMacにWindows8インストールを失敗してヤケになった人の事例
http://matome.naver.jp/odai/2136710326192743801

1





oregonsanさん

このまとめに参加する